ミリ単位のまだるっこさで逆三角形のフロント生地を捲りおろしていった

慎也はまるで自分の目を焦らすように静々と、ミリ単位のまだるっこさで逆三角形のフロント生地を捲りおろしていった。しっとり汗ばんだ恥毛が露呈し、クレヴァスの合わせ目がチラリと覗く。股座に張りついてたいクロッチが、長々と白い糸を引きながら女陰から剥がれ落ちてゆく。
デートの最中にも幾度と知れず秘唇を潤わせていたのだろう。二重布の裏側には黄淡色の沁みが幾重にも付着して、淫靡な斑模様を作りあげていた。無理からぬことだ。人目を憚ることなくヒップをさすったり、映画館の暗がりでは乳房を揉んだりして、助平な悪戯ばかり仕掛けていたのだから。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。