響子はパイズリの動きをいっそう激しくした

隣のボックスにいるという真帆に挑戦状を叩きつけるかのように、響子はパイズリの動きをいっそう激しくした。すべすべしていたはずの乳肌は、見る間にじっとりと生温かな汗の微粒を滲ませだしている。快適に滑っていたペニスの動きは次第にぎこちないものになり、けれどその分、亀頭に擦れる快い刺激は何十倍にも強さを増した。さらに苛烈になった双乳の責めに、啓太は背筋を撓め、天を仰いでため息を零した。汗を分泌させたおっぱいは当然のようにぬくみも増し、やけどするかと思うほどの熱さで青年の勃起を擦過する。

出典:~とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー (リアルドリーム文庫)

著者: 庵乃音人

とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー (リアルドリーム文庫)

憧れの女子大生と艶めく旅情女子大生、バスガイド、若妻、OL、未亡人に囲まれて!憧れの先輩・真帆とバスツアーに参加した啓太は、旅先で艶やかな美女たちと肌を交わすことに。「こんなに硬くして。天国に連れていってあげるわね」肉茎を柔指でしごかれ、ヌメ光る舌に巻きつかれ――。清楚可憐な先輩にも思いの丈と肉欲をぶつけていく!日常に密着したエロス、リアルな舞台設定で送る官能小説レーベル第159弾!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!