留美子の股間が再び目前に迫った健太は、目を白黒させながらも、淫毛に覆われた一点を凝視していた。

(お湯に隠れて見えないけれど、健太くん、きっと勃起しているのね。だから……)
留美子は逸る気持ちを抑え、健太の肩に手をかける。留美子の股間が再び目前に迫った健太は、目を白黒させながらも、淫毛に覆われた一点を凝視していた。
「さぁ、恥ずかしがらないで、今夜は留美子の言うことを素直に聞かなければならないのよ。それに健太くん、このままじゃ、のぼせちゃうでしょう」

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。