健太くん、隠さないで……。今度は私に健太くんのおちん×ん、よく見せて……

(凄い、健太くん……)
留美子は両手で隠されたままに目の前に出た健太の股間を見て、息を呑む。健太の大きな手でさえ隠し切れない逸物だった。口内に唾が湧く。それを健太に気づかれないように嚥下しながら、留美子の目は健太の股間に注がれたままだった。
「健太くん、隠さないで……。今度は私に健太くんのおちん×ん、よく見せて……」
困惑気に見つめてくる健太の頬を両手で包み込み、留美子は男好きのする唇を健太の唇に押し付けていた。
(健太くん、本当に未体験なのね……)
一気に昂ぶる健太の様子が直に伝わってくる。本能がそうさせるのだろう。留美子にキスされた瞬間、条件反射のように、股間を隠していた両手が留美子の背に回され、闇雲に唇を吸ってくる。健太の腰に手を回した留美子は、自ら健太の腰を引き寄せて、舌で唇をこじ開けて、その口内に自在に動く舌を滑り込ませていた。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。