みっちりと肉の詰まった尻ぺたを両手でぐっと掴むと自らも腰を突き上げた

下半身の情動に耐えきれずに、凪子のみっちりと肉の詰まった尻ぺたを両手でぐっと掴むと自らも腰を突き上げた。子宮までも届く突き上げに、凪子が頤をぐっと仰け反らせて細い首筋を震わせる。肉孔の窄まりは狭く、ペニスをぎゅうぎゅうと容赦なく搾り込む。それでいて、肉棒を包み込む膣肉は蕩けるように柔らかく、ペニスと一体化してしまうのではないかと思えるほどのフィット感だ。

出典:~夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

著者: 大泉りか

夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

ひと夏の甘色青春体験!夏休みに常夏の島でバイトをすることにした大学生・宣英。青年はバイト先である民宿の艶っぽい女将・凪子や日焼け肌が眩しい純朴娘・美波と心身共に親しくなってゆく。さらに美波の友達のギャル風少女・ちえりにも誘惑されて……。「胸がドキドキして苦しくて……どうしていいかわからないよ」離島で描かれる甘美で爽やかなひと夏の青春模様!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!