大きな熟女の尻が、太くて長大な肉棒を根元まで呑み込み、それを基軸にしてコマのように美熟尻が振り回されていた

留美子の括約筋が伸縮する。王冠部を咥え込んだ膣唇が蠢く。
「凄い……。先っぽが、締め付けられる……」
「あああん、きてーーーっ、健太くん、浅瀬で焦らしちゃ、あああ、イヤぁ……。ああん、いまから、そんな意地悪、覚えなくていいの……。ああ、きて……。奥まで思いきり、うううっ、突き挿して……」
健太はせり上がってくる留美子の尻を迎え撃つように、腰を一気に前に進めていた。
(何、これ……。僕のち×ぽを、留美子さんのおま×こが、強く、咬んでる……)
それはまさしく、肉棒全体を甘咬みされているような、気の遠くなるような愉悦の連続だった。健太は膣底に当たって止まった肉棒の先を包み込む、留美子の内部の蠢きに、むず痒いような刺激を受け、たまらず激しく腰を揺すりはじめていた。v
「ああ、ああ、あああああーーーっ、健太くんの、ああ、バカぁ……。うううっ、最初から、大人の女を、こんなに哭かせるなんて……」
留美子の凄まじい咆哮だった。二度も放っている健太には、初心者とはいえ、少しは余裕があった。しかし、そう長くは持たない。健太は髪を振り乱して悶える留美子の全体を見つめながら、大きく腰を使い始めていた。
「はぁぅっ……。ああ、い、イヤぁん……。くるぅ。くるわぁ……。あああ、なんて、いいお魔羅なの……。あああ、留美子、落ちそう……。ひっ、ひぃぃぃぃーーーっ、あああ、落っこっちゃう……」
留美子の雄たけびのような悦声と同時だった。
「あっ!ぼ、僕も、ああ、出る……」
「きて……あああ、いいのぅ……。健太くんの白いミルク、うううっ、私の、ああ、子宮に注ぎ込んで……」
留美子が闇雲に尻を振り回す。大きな熟女の尻が、太くて長大な肉棒を根元まで呑み込み、それを基軸にしてコマのように美熟尻が振り回されていた。
「ああっ、出てる……。どくどくと、出てる……」
「ひぃぃぃーーーぃん、感じる……。ああ、熱いわぁ……。健太くんの、うあうっ、熱いミルクが、留美子のお腹を、あああ、温めている……」
健太はがむしゃらに腰を振り続けていた。射精するたびに淫裂の内部で肉棒が激しく蠢動していた。溢れ出た種汁が、広がった留美子の淫唇から滴り落ちてくる。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。