性交・出し入れ

但馬庸太

一撃ごとに尻たぶと下腹がぶつかり、派手な音を立てては挿入刺激を裕恵に与えてくる

「あ、あっ、激し、んひ、はぅううう」 祐介の抽送は強烈だった。ずるりと女口ギリギリまで抜いて、一気に根元まで挿し込んでくる。分かっていても衝撃には抗えず、悲鳴か喘ぎか区別のつかない声を我慢することは無理だった。 一撃ごとに尻たぶと下腹がぶつ...
但馬庸太

ひっ、あ、お。ふ、太いぃっ!奥まで届く、んぁあ

「ひっ、あ、お。ふ、太いぃっ!奥まで届く、んぁあ」 ゴリゴリと抉るようなピストンが始まった。 背筋が限界まで仰け反って、激しい痙攣を繰り返す。裕恵に自由はない。男が気持ちいいように貫かれることしかできないのだ。 それでも裕恵は苦痛よりも快感...
早瀬真人

射精後の敏感になっていた肉筒にようやく感覚が戻りはじめると、膣内粘膜のうねる締めつけに、慎吾は刹那の声をあげた

「入れたい。入れたいです!」 苦悶に顔を歪めながら願望を素直に告げると、恵美は再び花弁のあわいへとペニスの先端を埋めていった。 真っ赤に膨れ上がった肉根が、ゆっくりと膣奥にその姿を消していく。恵美が眉間に皺を寄せ、甘い吐息を放つ。 「う……...
鮎川晃

ぶるん、ぶるるん、みち、むちん……。勃起しきった乳首が、汗にきらきら光っている

「で、出るの?いいわ!早く!そうじゃないと私……あふう!ま、ま× こ破れる!本当よ?本当に……ひぐ!あぁ、もうだめ麻里亜いきますう!」 感極まった麻里亜は、達しながら上体を起こし、背後の勇作に手を添えて果てる。仰向いた乳房が、アクメする麻里...
鮎川晃

四つんばいの姿勢で前後に動きながら、尻を淫らに左右に振って、ま× この擦れ具合に彩りを与える

「あぁ、ぼ、僕もう!……ま、またま× こしたいよ!」 目の前の尻を両手で掴むや、勇作は一気に根元までぶちこんだ。そのまま激しく腰を振り立て、肉欲の女神のような麻里亜の裸身をち× ぽで翻弄する。 「んぐう!あぐう!ひっ……ぐう!あぁ、勇作った...
鮎川晃

唐突の挿入に戸惑っている麻里亜の尻をしっかと掴むと、勇作は激しく腰を突き上げはじめる

「判りましたから、さぁ、また上に乗って。でも、今度はち× ぽにですよ?」 麻里亜に自分を跨がせるや、立てたち× ぽを思い切り突き上げる。アクメしたてのおま× こに、いとも容易く根元まで刺さった。 「あぐう!そ、そんないきなり……うぐう!」 ...
鮎川晃

射精間際の勇作が、張りつめきったエラ縁で、歓びに潤みきった麻里亜の膣を猛烈に擦る

「そ、そうよ、あなたのファックが最高に素敵だから私……んぐう!あぐ……ピストンされるたびに……んひ!あぁ、わ、私カムしっぱなしなのお!」 あんまり濡音がひどいので、つながっている部分を見たら、麻里亜はもう漏らしたみたいになっていて、ち× ぽ...
鮎川晃

しごきながら、ねだり腰を揺らす麻里亜の股間で、濡れたま× この花びらが、思わせぶりに揺れるのを見て、とうとう勇作も我慢ができなくなる

「だったら早く!セックスして!ファックミーナウ!」 しごきながら、ねだり腰を揺らす麻里亜の股間で、濡れたま× この花びらが、思わせぶりに揺れるのを見て、とうとう勇作も我慢ができなくなる。 「あぁ、麻里亜さんのま× こエロ過ぎです!」 麻里亜...
鮎川晃

裂けんばかりに開かれた股間に、勃起しきった勇作が、淫汁を撒き散らしながら激しく出入りを繰り返し、抜けては刺さるち× ぽに合わせて、男女の甘いうめきが響く

欲しかった麻里亜の反応も激しい。 「ひん!オウノウ!ふ、ファックミハーダー!モア、もっとください……ひい!あぁ、すぐにもカムしちゃいそう!オウ!ノウ!うぐう!」 仰向けの腰を激しく動かし、自分の歓びを追い求めながら勇作にも快感を紡ぐ。裂けん...
天海佑人

燃えるような粘膜が、孝典のペニスにからみつき、くいくいっと締めてきているのだ

孝典は鎌首を裕美の割れ目にめりこませていく。一発で入った。 「ああっ、だめっ……ああ、入れないでっ……ああ、私には……ああ、夫がいるのよっ……知っているでしょうっ」 「ああ、熱いですね、奥さん。すごく濡らしていますよ。もしかして、奥さんも、...
天海佑人

もう一度、孝典は鎌首を裕美の割れ目に押しつけていった。今度はめりこんだ。

「だめです。入れたら、解いてあげます」 もう一度、孝典は鎌首を裕美の割れ目に押しつけていった。今度はめりこんだ。そのまま突き出す。 すると、ずぼりと鎌首が裕美の中に入った。 「だめっ」 と裕美が激しく腰をよじらせるが、もう遅かった。孝典はそ...
鮎川晃

大人の女の、しかも欲情しているま× こは、いきり勃った勇作を、いとも優しく奥へと誘う

「え?あ、あぁ!早苗さん入れるよ?僕のち× ぽをおま× こに入れるよ!」 我に返った勇作が、勃起の先を早苗に押しつけた。刹那、むにゅうぅ……と、目も眩むような柔らかい感じとともに、膣粘膜に亀頭が沈んでいく。 「あ……あぁ……うぅぅ……す、す...
鮎川晃

鷲づかみにした尻たぶを、己の腰にぶつけるように、激しく前後に揺らし、文子のま× こを奥まで犯す

「もう!高野さんのばかばか!一番恥ずかしい時の女を、そんな近くから見ないでください!あぁ、こんなにエッチな方だと知ってたら許すんじゃなかった……」 「僕だって、文子さんがこんなにエッチな方だったなんて知りませんでしたよ!」 「んひい!」 目...
鮎川晃

野太い勇作が沈んでいく女口から大量の汁を溢れさせ、花びらといわず女丘といわず、ねっとり濡らして輝かせていく

強すぎる歓喜に戸惑いながらも、結合が深くなればなるほどに、文子の美貌が薔薇色に染まる。野太い勇作が沈んでいく女口から大量の汁を溢れさせ、花びらといわず女丘といわず、ねっとり濡らして輝かせていく。 やがて、大人の二人は容易く一つになってしまう...
鮎川晃

ずぼっ、ぶぢゅっ、ぐぢょっ、ぬぽぬぴぶぽ……と、矢継ぎ早に繰りだされる勃起に女淫を泣かされるたび、恵子は立て続けに天国に召される

「あぁ、恵子さんがイってる!僕のち× ぽでアクメしてる……か、感激です!」 女の魅力に満ち満ちた、アクメ途中の恵子を見つめながら、堪えきれずに勇作は、最後の腰を猛然と繰りだした。 「あぁ!ち、ち× ぽイクう!」 間を置かず、根元と土手のぶつ...
鮎川晃

抜き刺しされるたびに花びらがくねり、茎をくすぐり、女の汁でぬめらせていく

「恵子さんのここ……甘くて熱くて……粘膜がいやらしくうねってます……あぁ、なんて素敵な感触なんだ……」 二度目の独身になって初めての勇作も、我ながら呆れるほどに昂ぶっている。まだ半分も入れてないのに、とめどなく快感が押し寄せてきて出したくな...
葉川慎司

祐司は腰を引き、沙恵子の中から肉竿を引き抜いた

祐司は腰をゆっくり動かす。尿道がちりちりと焦げたようになり、睾丸がぎゅっと縮こまったようになる。もう、そんなに保ちそうもない。 「瑞穂さんも仰向けに……」 沙恵子は唇を離すと、祐司に視線を向けてきた。義母がなにを言おうとしているのか、祐司は...
葉川慎司

沙恵子は自ら腰を振り、祐司のペニスを濡膣で擦った。肉竿が胎内に出入りするたび、天に昇っていくような快感が弾ける。

(子供ができても、産むことはできない。それでも、祐司くんを身体のなかで感じたい。どんな罪を犯しても……) 沙恵子はパンティの裾から指を離し、腰をぐっと沈めた。ジュブッと淫らな音をたて、義理の息子の肉竿が胎内深くめりこんできた。 「あああっ!...
葉川慎司

熱く太い男根が根元まで穿ちこまれるたび、沙恵子の性感はぐんぐん昇りつめていく

「イキそう?イキそうなの、おかあさん?」 祐司はペニスを抜かず、ぐっぐっと一定のリズムで突きあげる。熱く太い男根が根元まで穿ちこまれるたび、沙恵子の性感はぐんぐん昇りつめていく。 「うん、イキそう!あああ、おかあさん、イッちゃう!」 下半身...
葉川慎司

義理の息子の肉竿が根元まで突き入れられると、頭が真っ白になるほどの快感を覚えた

「入れるよ」 祐司は肉竿を押し下げるようにして、亀頭をお尻の割れ目の下方に近づけてきた。沙恵子は息を呑み、その一瞬を待った。 お尻の穴に押し当てられると思っていた亀頭は、ねっとり濡れた女の亀裂に触れてきた。 「はぁうっ!」 その感触を予想し...