女性器(締め付ける)

早瀬真人

愛液で濡れそぼった二本の肉びらが、肉筒を挟み込むように摩擦していく

「もう、だめっ」 恵美が嘆息に近い喘ぎをあげ、腰の上を跨がってきた瞬間、ペニスに強烈な快感電流が走り抜けた。 「あっ、くっ!」 裏茎全体が、柔肉の感触とねっとりした生温かいヌメりに包み込まれる。どうやら恵美は、秘芯を肉筒に押し当てているよう...
早瀬真人

亜紀が左手の親指を伸ばし、陰核の上側の皮膚をキュッと押し上げると、包皮が剥き上がり、半透明の肉芽がちょこんとその顔を覗かせた

淫裂の上方に位置するのが陰核だろうか、尖った卵形の物体を隠すように肉の鞘で覆われている。 「そう。そこにクリトリスがあるのよ。さっき、私のを触ったからわかるでしょ?」 亜紀の言葉に、慎吾はコクリと頷いた。 薄い肉の壁が砲弾状に盛り上がり、小...
但馬庸太

ひぃ、ひぃ。お願いします。指は、指はもう許してください

「調子が出てきたようだな。おい、ここもいい感じじゃないか」 「え?くひ、うぶぅっ」 女洞を探索していた斉藤の指が奥深くに入り込んでくる。裕恵はくぐもった悲鳴をあげたあと、肉壺から聞こえた音に戦慄した。 (うそ、どうして私、濡れてるの) 人差...
但馬庸太

白くむっちりとした丸尻が露わにされる

「だがまあ、初めてだ。緊張もあるだろ。俺が最初の客としてしっかり解してやる」 「あ、ああ。なにを……はぁぅ」 斉藤が上半身を曲げて、両手を裕恵の背中側へ伸ばした。帯も越えて下半身側の布地を掴むと、着物を一気に捲り上げた。 白くむっちりとした...
但馬庸太

ひっ、あ、お。ふ、太いぃっ!奥まで届く、んぁあ

「ひっ、あ、お。ふ、太いぃっ!奥まで届く、んぁあ」 ゴリゴリと抉るようなピストンが始まった。 背筋が限界まで仰け反って、激しい痙攣を繰り返す。裕恵に自由はない。男が気持ちいいように貫かれることしかできないのだ。 それでも裕恵は苦痛よりも快感...
早瀬真人

射精後の敏感になっていた肉筒にようやく感覚が戻りはじめると、膣内粘膜のうねる締めつけに、慎吾は刹那の声をあげた

「入れたい。入れたいです!」 苦悶に顔を歪めながら願望を素直に告げると、恵美は再び花弁のあわいへとペニスの先端を埋めていった。 真っ赤に膨れ上がった肉根が、ゆっくりと膣奥にその姿を消していく。恵美が眉間に皺を寄せ、甘い吐息を放つ。 「う……...
早瀬真人

あぁ、嘘っ。まるでおチンチンが蕩けそうだ。下腹に当たるお尻の感触も、柔らかくてすごく気持ちいいよぉ

「慎吾君の童貞……奪っちゃった」 亜紀は肩越しから淫靡な笑みを送ると、自らヒップを蠕動させはじめた。 「あ……あ、ちょっと」 躊躇いの声を放つも、亜紀はお構いなく、膣壁をキュッキュッと絞めながら徐々に腰の動きを速めていく。 「だ、だめですぅ...
天海佑人

すると、すぐに、前の穴と後ろの穴がきゅきゅっと締まってくる

「私が悪いことしたばっかりに、ママがっ……ああ、もうこれ以上っ、ママが犠牲になることはないよっ。悪いのは、愛菜なんだからっ」 そう言うと、愛菜はキッチンから出ていった。二階に上がっていく。すると、前と後ろの穴の締め付けが、少しだけ緩んだ。 ...
天海佑人

やっぱり、二つの穴をいっしょに責められると、燃えますか、奥さん

「はあっんっ……」 裕美のおま× こはどろどろに濡れていた。指でまさぐると、後ろの穴が強烈に締まってきた。 「ああ、ふたついっしょは、だめっ……あっ、はあんっ……前と後ろはゆるしてっ」 ゆるして、と言いつつも、後ろの穴同様、前の穴も締まって...
天海佑人

閉じた目蓋や小鼻、そして、はあはあ、と火の息を吐いている唇に、ぴゅぴゅっと勢いよく白濁が掛かっていく

「そんなっ……お、おま× こにも……お尻の穴にも……指を入れておきながら……ああ、削除しないなんて……鬼ですっ」 鬼、と言った瞬間、静恵の女穴が強烈に締まった。 「ああ、出そうだっ」 「中は、だめっ」 孝典は中出しの誘惑をぎりぎり我慢して、...
天海佑人

益岡先生の妻のおま× こはとてもやわらかく孝典のペニスを包んでいた

「いやっ、ママには入れないでくださいっ。愛菜にっ、悪いのは愛菜なんですっ」 と愛菜がフレアスカートも下げた。ブラと揃いのベージュのパンティが、ぴたっと恥部に貼りついている。 そのパンティに手をかけるものの、愛菜は脱ぐのをためらう。 その間に...
天海佑人

松前先生の奥さんのおま× こもエロかったが、エマのプッシーはまさに発情したメスだった

見ていると、すうっと引きずり込まれそうになる。何かを入れたくなる。まさに、オスを食らうメスプッシーだ。 孝典は我慢できず、人差し指をエマの女穴に入れていった。 すると、ざわざわと自分の意思を持っているように、エマの肉襞が絡みついてきた。 「...
天海佑人

怒濤のような飛沫が噴き出し、奥さんの子宮を叩いていく

「出ますっ、奥さん、もう出ますっ」 「あ、ああっ……ダメダメ……ダメダメ……」 ち× ぽがひねりつぶされるように締め上げられた。 「おうっ」 と孝典は松前先生の目の前で吠えていた。怒濤のような飛沫が噴き出し、奥さんの子宮を叩いていく。 する...
天海佑人

それでいて、おま× この締まりは強烈だった

が、松前先生は目を閉じたままだった。苦しそうな表情で、裕美、と何度もつぶやいている。 夢の中にいるとわかった孝典は再び、立ちバックで突きはじめる。 「う、うう……」 両手で口元を覆った裕美が、細長い首をねじって、なじるような目を孝典に向けて...
天海佑人

そう言いながら、孝典はクリトリスを摘み、いじりはじめた

「ああっ、だめ……ああ、いじらないで……主人が……ああ、祐太郎さんが……はあっ、起きてしまうわ……」 「そんな声を出すからいけないんですよ、奥さん。エッチな声を出さなければ、松前先生は起きませんよ」 そう言いながら、孝典はクリトリスを摘み、...
天海佑人

どくどく、どくどく、と松前先生が寝ているそばで、孝典はその奥さんのおま× こにぶっかけまくる

「そのままだっ、奥さんっ」 孝典はさらにぱしぱしと尻たぼを張り、逃がさないと、奥まできっちりと埋め込んでいく。 「あうっ……だめ……ああ、おねがいっ……もう、出さないでっ」 「出さないと、終わらないですよ。いつまでも、松前先生のそばでおま×...
天海佑人

ぐいぐいとバックから突きつつ、ぴしゃぴしゃと奥さんの双臀を松前先生が眠っているそばで張っていく

松前先生がそばにいることが、孝典だけでなく、奥さんにも異常な昂ぶりをもたらしていることをおま× こで知る。 パイズリを受けているペニスがとろけそうだ。このまま出してしまいそうになる。でも、もう宙に出すのは嫌だ。松前先生の奥さんのおま× こに...
天海佑人

燃えるような粘膜が、孝典のペニスにからみつき、くいくいっと締めてきているのだ

孝典は鎌首を裕美の割れ目にめりこませていく。一発で入った。 「ああっ、だめっ……ああ、入れないでっ……ああ、私には……ああ、夫がいるのよっ……知っているでしょうっ」 「ああ、熱いですね、奥さん。すごく濡らしていますよ。もしかして、奥さんも、...
鮎川晃

大人の女の、しかも欲情しているま× こは、いきり勃った勇作を、いとも優しく奥へと誘う

「え?あ、あぁ!早苗さん入れるよ?僕のち× ぽをおま× こに入れるよ!」 我に返った勇作が、勃起の先を早苗に押しつけた。刹那、むにゅうぅ……と、目も眩むような柔らかい感じとともに、膣粘膜に亀頭が沈んでいく。 「あ……あぁ……うぅぅ……す、す...
鮎川晃

抜き刺しされるたびに花びらがくねり、茎をくすぐり、女の汁でぬめらせていく

「恵子さんのここ……甘くて熱くて……粘膜がいやらしくうねってます……あぁ、なんて素敵な感触なんだ……」 二度目の独身になって初めての勇作も、我ながら呆れるほどに昂ぶっている。まだ半分も入れてないのに、とめどなく快感が押し寄せてきて出したくな...