あの発達したお尻……。それに、留美子さんにも勝るとも劣らない、あの、大きなおっぱい……

(夢、みたいだ……。島でも一、二を争う人気の、色っぽい未亡人に二日も続けて誘われるなんて……)
健太は自分に与えられている幸運に、素直に感謝し、受け入れようとしていた。
(咲枝さんの後ろ姿……。たまらないよ……。あの発達したお尻……。それに、留美子さんにも勝るとも劣らない、あの、大きなおっぱい……)
健太は束の間、咲枝の起伏に富んだ後ろ姿を見続けていた。
そんな健太の目を意識したように、咲枝は一度振り返って手を振る。その瞬間、上半身を艶めかしく捩ったときの咲枝の揺れる胸の辺りを凝視しながら、健太はぎこちなく手を振り返し、義母が心配顔で待っているはずの自宅へと歩きはじめた。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。