義母の華奢で器用に動く手が、肉棒全体を弄りはじめる

「ああっ、ママ……気持ち、いい……」
義母の華奢で器用に動く手が、肉棒全体を弄りはじめる。そのたびに健太の尻朶が不規則にヒクつく。由美は無意識のうちに、留美子との交わりで恍惚としている健太の表情を目にし、対抗意識を燃やしていた。
(私が忘れさせてあげる……。でも、私は健太ちゃんと、ゆったりとした環境のもとで結ばれたいの……)
浴室での交わり。その話は由美にとっても煽情的なものだった。しかし、由美は落ち着いた雰囲気のなかで、健太とのひとときを過ごしたかった。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。