義母の華奢で器用に動く手が、肉棒全体を弄りはじめる

「ああっ、ママ……気持ち、いい……」
義母の華奢で器用に動く手が、肉棒全体を弄りはじめる。そのたびに健太の尻朶が不規則にヒクつく。由美は無意識のうちに、留美子との交わりで恍惚としている健太の表情を目にし、対抗意識を燃やしていた。
(私が忘れさせてあげる……。でも、私は健太ちゃんと、ゆったりとした環境のもとで結ばれたいの……)
浴室での交わり。その話は由美にとっても煽情的なものだった。しかし、由美は落ち着いた雰囲気のなかで、健太とのひとときを過ごしたかった。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。

関連する言葉

透明な液がトロリトロリと手の平に垂らされ、佑二の陰茎に塗りつけられた... 「ローションを持ってきているけれど、使って欲しい?」 妖しい瞳で問いかける彩香に、佑二はコクンと首をゆすった。彩香が横のテーブルに置いたバッグから、ローションの容器を取り出す。透明な液がトロリトロリと手の平に垂らされ、佑二の陰茎に塗りつけられた。佑二の口からは快感の喘ぎが漏れた。...
嫌がる素振りも見せずに他人のペニスに手指を這わせ、玉袋を捏ねながら巧みに舌を絡める妻... 強制されているのではなく、自発的に奉仕しているように見えた。嫌がる素振りも見せずに他人のペニスに手指を這わせ、玉袋を捏ねながら巧みに舌を絡める妻。その顔は妻というよりももはや一匹の牝──。...
右手が上下に動く度に、肉棹はピクピクと勢いよく跳ね動いた... 「それはどうかしらね、ふふ。お姉さんは、こんな感じに擦ったのかしら」 彩香は含み笑いで誤魔化すと、佑二の肉茎をゆっくりと扱き始めた。右手が上下に動く度に、肉棹はピクピクと勢いよく跳ね動いた。 「征一さんは、ここを丁寧に洗えって言っていました。指先でくすぐるように……この括れた部分には指を巻きつけ...
妖しい微笑みを浮かべ、見せつけるように肉棒を舐め上げた... 吉川の劣情をさらに刺激するように、凪子は舌を長く伸ばすと、妖しい微笑みを浮かべ、見せつけるように肉棒を舐め上げた。根元に添えられていた右手は、精子を導きだすように上下にしこしこと動き、ざらついた舌表面が亀頭にべっとりと張り付いて這い回る。精を吸い出すように鈴口をちゅーちゅーと吸われ、気がくるわんばか...
広海の肉棒の熱さも硬さも、形も愛しくて仕方ない、そんな触れ方だ... 「ちっとも小さくならないんだ。それに、よく見るとすごくハンサムなち×ぽじゃないか。たまらない、よ」 またくなくなと、包み込んではさすり上げる。広海の肉棒の熱さも硬さも、形も愛しくて仕方ない、そんな触れ方だ。...
甘えた仕草で半裸の肢体を押しつけた... ペニスを扱く動きを次第にリズミカルなものにしながら、真帆はくなくなと身をよじり、甘えた仕草で半裸の肢体を押しつけた。...
じっくりと優しく、少しずつ速く手筒を上下させてくる加南子... じっくりと優しく、少しずつ速く手筒を上下させてくる加南子に多量の先汁をもらしつつ、慎也は大きくうなずきかえした。...
細指をわずかに上下に動かしただけで、肉茎は戦慄きを派手にした... (おかわいそうに。ああ、わたしの手のなかで喘いでいる) 細指をわずかに上下に動かしただけで、肉茎は戦慄きを派手にした。温かな液がトロリと漏れ出て、花穂子の手首を濡らした。 「おくちで……して差しあげましょうか」...
妹が竿をしごいていて、姉が玉を撫でさすっている... 嬉しそうな表情で話しかけてくる加奈子と詩織。それだけを見れば、とんでもないレベルの美人姉妹というだけだが、バストや股間が丸見えのランジェリーを身にまとっている。何より、挨拶をする瞬間にも、二人の指はペニスから離れない。妹が竿をしごいていて、姉が玉を撫でさすっている。...
タイトではあったが、ビキニの生地は伸縮し、難なく、指が割れ目に到達した... 夜這い、という一言に健太の肉棒が鋭く反応するのを、咲枝は見逃さなかった。 「ああん、健太ちゃんが、あたしに感じてくれている……」 直截に握ってくる。健太も咲枝のハイレグビキニの上部に指を這わせた。 「触って……。ビキニに手を入れて、指で触って……」 二人は向きを変え、渚に歩きながら、さらに体...