留美子さん、お風呂場で、口の中に僕のち×ぽを自ら咥え込み、僕の精液、全部飲んじゃった

そう訴えるように、由美は健太に欲情に潤んだ目で語りかける。
「もちろん、ママにだけは嘘をついたりしないから安心して……」
由美も無言のままに、健太を見つめてうなずいた。
「留美子さん、お風呂場で、口の中に僕のち×ぽを自ら咥え込み、僕の精液、全部飲んじゃった。そしてその後、今度はその浴室で浴槽の縁に両手をついて、僕に、後ろからさせてくれた」
由美の脳裏には、そのときの光景が、ありありと浮かんでくる。
(留美子さんは咲枝さんとは違い、慎ましやかな印象なのに、健太ちゃんのミルクを貪り、しかも、お風呂場で後ろから交わり、初体験をさせてくれた、なんて……。なんて淫らなことを、最初から……)
「それで、お風呂をあがってからも……」
「うん。僕、はじめてだからやみつき状態で、朝まで何度も、留美子さんの中に、生で……」
尻を高々とあげて、健太の初物を受け入れている様子が頭の中に浮かぶ。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。