美波は、つやつやとした唇を半開きに開くと、鈴口にむにゅっと押し付ける

「美波、だいぶおちんちんに慣れたぁ?」
ちえりが裏スジを上唇と下唇とで軽く挟むように刺激しながら、やや不明瞭な発音で言った。発展家の少女が唇を陰茎から離して亀頭を指差した。美波は、つやつやとした唇を半開きに開くと、鈴口にむにゅっと押し付ける。んぐっ、ちゅっ、くちゅっ。ゆっくりとペニスが美波の唇の中に飲み込まれていく。温かくぬめった口内にずぶずぶと沈み込んでいくたびに、熱くみなぎった屹立に愉悦が奔り、腰ががくがくと震えてしまう。口内では滑らかな舌が、くちゅくちゅと音を立ててカリ首のクビレの敏感な部分をくすぐるように刺激している。初めての口淫ながらも、美波自身、どこをどうしたら宣英が気持ちよくなるかを探っているようだ。

出典:~夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

著者: 大泉りか

夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

ひと夏の甘色青春体験!夏休みに常夏の島でバイトをすることにした大学生・宣英。青年はバイト先である民宿の艶っぽい女将・凪子や日焼け肌が眩しい純朴娘・美波と心身共に親しくなってゆく。さらに美波の友達のギャル風少女・ちえりにも誘惑されて……。「胸がドキドキして苦しくて……どうしていいかわからないよ」離島で描かれる甘美で爽やかなひと夏の青春模様!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!