フェラチオ(舐める)

天海佑人

美貌の母と娘が、どちらもスクール水着を着て、孝典の足元にひざまずき、舌を伸ばしてきているのだ

「愛菜、二階に上がっていて」 静恵がそう言うものの、愛菜はかぶりを振る。はやく二階に、と言いつつ、母親がブリーフを下げる。すると、すうっと通った小鼻を弾くように、孝典のペニスがあらわれた。 松前先生の奥さんのおま× こに中出しして、ここに来...
鮎川晃

唇を締めつけ、抜けては刺さるち× ぽを吸いあげ、舌をそこら中にぬめらせながら、愛しい男の悦びを待ちわびている

「こ、今度は口でして!奈津子さんの口ま× こでイキたいんです!」 射精が終わるのを待ちかねて勇作は抜くと、奈津子の眼前にち× ぽを突き出す。弾みで、びゅっ……と、残汁が噴き出て、汗まみれの美貌を白く犯した。 「あふ。せっかちなんだからもう…...
鮎川晃

垂らした涎を舐め伸ばすようにしゃぶると、握ったち× ぽをぐるぐる回して、大きく伸ばした舌になすりつける

「まだまだこれからよ?覚悟なさい。私以外のことは考えられなくしちゃうんだから……ぬちょぬちょ。くちゅ。くちゃくちゃくちゅ……じゅるぅ」 垂らした涎を舐め伸ばすようにしゃぶると、握ったち× ぽをぐるぐる回して、大きく伸ばした舌になすりつける。...
鮎川晃

亀頭直下に濡舌を、ねっとりくちゅくちゅぬめらせながら、勇作を見つめて奈津子が微笑む

「あう、も、もちろんです……ぼ、僕だって奈津子さんのおしゃぶりすごく懐かしくて……そ、その舌をぬめぬめさせる舐め方、僕、とっても好きでした」 「ふふ、そうだったわね。勇作くんたら、ここを舐められると、いつもすぐ射精してたっけ……あふ。我慢汁...
天海佑人

待ってっ、静恵の穴に……お口にっ……フェラをっ……ああ、フェラをさせてくださいっ……

「待ってっ、静恵の穴に……お口にっ……フェラをっ……ああ、フェラをさせてくださいっ……」 と静恵は女の三つの穴の一つである、口に入れてください、と言った。 孝典は益岡先生の妻の双臀からペニスを引いた。すると、静恵はソファーから降り、孝典の足...
鮎川晃

剥き出しの勃起をおしゃぶりしながら、麻里亜も服を脱いでいく

「あぁ、そこいいです。もっとなめなめしてください」 助手席に座り、ズボンを脱いだ勇作が、甘えた声でおねだりをする。最近では、下半身どころか、全裸になって麻里亜とつながることも平気になった。スモーク加工されたウインドウには、迎えに来た保護者た...
鮎川晃

勇作にというよりも、手の中のち× ぽに囁きかけると、再び麻里亜は咥えていく

「あう……ま、麻里亜さんすごい……うぐ……そんなに深くまで大丈夫ですか?」 心配しながら勇作は、ついつい腰を遣ってしまう。ち× ぽにくまなく、舌や口腔粘膜を感じるのはこれが初めてだった。文子も恵子も、そして早苗も、ここまで深くは咥えられない...
天海佑人

裏の筋に舌腹を押し付けてくる。と同時に、ペニスの根元をゆっくりとしごきはじめる。

ブロンド美女からすれば、孝典のペニスは小さいのでは、と危惧した。 エマは無言のまま、反り返ったペニスを白い指で掴んできた。 「ああ、硬いわ……すごく硬い……ダーリンのコックも……硬いけど……ああ、タカノリのコックも……ああ、硬いわ……日本人...
鮎川晃

決心したように呟くや、握ったままだった勇作に、ねっとり舌を絡ませていく文子

決心したように呟くや、握ったままだった勇作に、ねっとり舌を絡ませていく文子。大人の女らしく、余計な嫉妬や束縛はしまいと自らを戒めるように、熱心にそして情熱的に、好いた男に気持ちを伝える。 「そ、それは全然構いませんけど……そんな時間あります...
鮎川晃

もともと愛情たっぷりな口戯は、逢瀬が重なるにつれて技巧が磨かれ、いっそう素敵になっている

「で、さっきの話の続き、なんですけど……うぅ、フェラいい……み、三咲さんがどうしたんですか?」 次第に熱を帯びてきた文子の朱唇に、腰を合わせながら勇作が訊く。もともと愛情たっぷりな口戯は、逢瀬が重なるにつれて技巧が磨かれ、いっそう素敵になっ...
鮎川晃

俯いて勃起を含んでいる文子の胸元には、乳房が重たげに揺れている

つねったち× ぽを、慈しむように撫でると、早苗はそっと口に含んだ。そのままねっとり舌を絡めていく。 「あぁ……気持ちいい……文子さんの優しさが、そのまま舌から伝わってくるみたいだ……痛くなかったから、そんなになさらなくても平気ですよ」 俯い...
鮎川晃

ま× このぬめりを拭いもせずに、ち× ぽの前に跪き、供物のようにおっぱいを下から支える

「あぁん、とってもお元気なのね?でも嬉しい、私みたいなおばさんにこんなに出してくださって……さぁ、心ゆくまで気持ちよくなって」 ま× このぬめりを拭いもせずに、ち× ぽの前に跪き、供物のようにおっぱいを下から支える。精液を受ける準備を整えた...
鮎川晃

悪戯の過ぎる勇作に、さすがの文子も呆れ顔、美貌や乳房のそこら中に踊るち× ぽを唇で追って捕まえると、手も使わずに咥えていく

「わ、判りましたから少し落ち着いてください……んぐ。あん、だめ、乳首……こ、こら、おち× ぽで女性を叩くなんていけません……仕方のない子ね……あんまり調子に乗ると園長先生は怒りますよ?……ぱくり」 悪戯の過ぎる勇作に、さすがの文子も呆れ顔、...
天海佑人

一度舐めると覚悟が決まったのか、裕美はちらちらと孝典を見上げつつ、鎌首をぺろぺろと舐めてくる

裕美の鼻先で、孝典のペニスがぴくぴくと動き、あらたな我慢汁がにじんでくる。 「ああ、はやく舐めて、奥さん」 と孝典は裕美の唇に再び、鎌首を押しつけようとする。裕美は反射的に美貌を引きつつも、ピンクの舌をのぞかせてきた。それで、先端をぺろぺろ...
鮎川晃

勇作を見上げて恨めしげに言うと、しごかれている勃起に俯き、尖らせた唇の先から、じと……ぢゅく……みちゃ……と、涎の滴を落としていく

「もう、こんなにしてるくせに……意地っ張りなんだから」 勇作を見上げて恨めしげに言うと、しごかれている勃起に俯き、尖らせた唇の先から、じと……ぢゅく……みちゃ……と、涎の滴を落としていく。亀頭や茎に落ちる滴は、すぐさま勇作の手に伸ばされ、汁...
鮎川晃

両手で勃起を慈しむようにしごきながら、その先端を咥えていく

勇作の愛撫を、ちょっぴり名残惜しげに遠ざけると、早苗はお礼のフェラチオを始めた。両手で勃起を慈しむようにしごきながら、その先端を咥えていく。 「むぐう……ちゅぱちゅぴ。それに……ずぽ。ぐぢょぐぢゅう……むはあ。こんなに立派なのをお持ちだし。...
鮎川晃

谷間に来た勇作をすかさず挟むと、堪らぬといった風情でぱいずりフェラを始めた

恵子もやられっ放しではなかった。谷間に来た勇作をすかさず挟むと、堪らぬといった風情でぱいずりフェラを始めた。汗と涎で濡れた乳房が、いきり勃った勇作を揉み、亀頭が音を立てて吸われた。待ちわびていた恵子の愛撫に、溜まっていた勇作はすぐに一度目を...
鮎川晃

満更でもなさそうな表情で恵子は言うと、愛しげな風情で勇作を含む

涎を長く糸引かせながら、恵子が勃起を口から抜いた。 「あふう……相変わらずお長くていらっしゃるから……息が詰まってしまうわ」 手の甲で口元を拭い、艶然と微笑む。顔が少し赤いのは、羞恥より呼吸を妨げられたせいだ。 「恵子さんのフェラチオ、僕、...
鮎川晃

花弁の奥に深く舌を遣い、同時に後ろを指でくすぐると、文子の嗚咽が甘くなる

ち× ぽに舌を絡めつつ、少女のように頬を染める文子が可愛くて、勇作は無理に起き上がってしまう。 「そういう素敵な顔されちゃうと、ますますしてあげたくなっちゃいます」 咥えられながら注意して体の向きを変えて、二人は再び性器舐めっこの姿勢になる...
鮎川晃

ふらつく腰で身体の向きを変えると、勇作の腰を掴んで勃起を自分から咥えた

「あぁ、本当に私もうダメ。このままじゃどうにかなってしまいそうだわっ」 強い口調で恵子は言うと、勇作の指を強引に抜いた。ふらつく腰で身体の向きを変えると、勇作の腰を掴んで勃起を自分から咥えた。 「あう!い、いきなりそんな……うぐっ……あうっ...