PR

文句を言いながら、しかし早苗は自分の股間に俯き、ち× ぽに串刺しにされたままの女淫を指で確かめると、満足そうな溜め息をこぼした

鮎川晃

「そんなことできるの?……きゃっ」
いきなり脚を抱えられ、早苗が小さく叫ぶ。しかし勇作は意に介さず、汗まみれの熟れた身体を持ち上げていく。ほどなく、早苗の足が宙に浮かぶ。大きく開かれたままの股間には、勇作がずっぽり突き刺さったままだ。
「もう!ずっと一つでいたいとは言ったけど、こんな恥ずかしい格好にさせるなんてひどいわ!これじゃ、おしっこの時の幼児じゃない……ったく、いい歳の女に恥をかかせて楽しいのかしら?」
文句を言いながら、しかし早苗は自分の股間に俯き、ち× ぽに串刺しにされたままの女淫を指で確かめると、満足そうな溜め息をこぼした。
「誰も見てないんだからいいでしょ?さ、両手を後ろに回して僕の首に……そう、いい感じです。じゃ、移動しますよ?」
早苗の左右の膝裏を抱え、リビングに振り返ると、ゆっくり勇作は歩き出す。一歩目を踏み出した途端、自分の重みをま× こに感じて、早苗が思わず顔をしかめる。

出典:~働く綺麗なおばさん 美臀に魅せられて (フランス書院文庫)

著者: 鮎川 晃

(恵子さん、本当にいいお尻をしてるよなあ)脚立に乗って電球を交換する女管理人のむっちり美尻。熟女が見せるふとした「隙」が勇作の劣情を募らせる。園長先生、専属家政婦、ハーフの補整下着モデル……働く淑女をひと皮剥けば、フェロモン漂う大人の女体!舐めてしゃぶって味わって……ここは完熟パラダイス!>