詩織がいきなり睾丸を優しく触ってきて、雅也は悶絶した

詩織がいきなり睾丸を優しく触ってきて、雅也は悶絶した。
(こ、こんなに気持ちいいなんて!ああ、玉しか触られていないのに!)
雅也はベッドに倒れそうになるほど、上体を反らしてしまった。詩織の指は「いい子、いい子」と頭を撫でさするように動いている。射精をしてしまうほどの快感ではないが、その代わり、圧倒的な気持ちよさが永遠に続く。

出典:~女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫)

著者: 宝生マナブ

女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫 89)

思いがけず高嶺の花である先輩・加奈子と知り合った雅也は、下着デザイナーを目指す彼女をサポートすることに。加奈子の姉・詩織の助言で男性が苦手な加奈子のために遊園地デートをしたり、下着姿を披露してもらうのだが…。「わかってたよ。私のランジェリーに興奮してくれるって」次第に大胆になる加奈子との扇情的な恋の行方は―。