詩織が竿をしごいたとすると、加奈子が優しく玉を撫でたり、その逆になったり

姉妹もすぐ、Wプレイの面白さに夢中になった。基本は詩織が竿をしごいたとすると、加奈子が優しく玉を撫でたり、その逆になったり、という具合だが、姉妹はすぐに別の方法も編みだした。例えば詩織と加奈子がどちらも竿を愛撫するのだ。この場合は、詩織が亀頭を集中的に責め、加奈子は根元を愛撫し尽くす、ということになる。雅也はどんどん追い詰められ、姉妹のバストを触る余裕もなくしていく。そんな様子を嬉しそうに見つめながら詩織が言う。

出典:~女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫)

著者: 宝生マナブ

女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫 89)

思いがけず高嶺の花である先輩・加奈子と知り合った雅也は、下着デザイナーを目指す彼女をサポートすることに。加奈子の姉・詩織の助言で男性が苦手な加奈子のために遊園地デートをしたり、下着姿を披露してもらうのだが…。「わかってたよ。私のランジェリーに興奮してくれるって」次第に大胆になる加奈子との扇情的な恋の行方は―。