まるで女子高生の乳房が雅也の身体をなで回しているように感じることもある

だが、立ちあがった瞬間──加奈子がすがりつくように雅也の腕の中に飛びこんできた。美少女のバストは、あまりに甘美だった。柔らかく潰れ、大きく拡がっている。気絶するのではないかと思うぐらい、強烈な快感をもたらしている。加奈子は身体を震わせている。すると当然ながら、バストも上下左右に揺れてしまう。派手に跳ねることはないものの、まるで女子高生の乳房が雅也の身体をなで回しているように感じることもある。

出典:~女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫)

著者: 宝生マナブ

女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫 89)

思いがけず高嶺の花である先輩・加奈子と知り合った雅也は、下着デザイナーを目指す彼女をサポートすることに。加奈子の姉・詩織の助言で男性が苦手な加奈子のために遊園地デートをしたり、下着姿を披露してもらうのだが…。「わかってたよ。私のランジェリーに興奮してくれるって」次第に大胆になる加奈子との扇情的な恋の行方は―。