排泄をするための穴に迫るナミの指を、双臀を窄める事で締め付け

熟尻に張り付く十指が強弱緩急を使い分け、若女将の心ごと肉たぶを掻き乱す。揉み、擦り、撫で上げて弄ぶ事に執心していた少女の指先が、とうとう湯浴み着の裾にかかり、めくり上げ。
「ひっ……!そこは、嫌っ!」
排泄をするための穴に迫るナミの指を、双臀を窄める事で締め付け、なんとか接触を回避しようと試みる。その抵抗ぶりを見透かしてか。少女の指は尻の谷間をさする動きに転換し、ムズつきともどかしさでもって女将の心身に揺さぶりをかけてきた。

出典:~美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

著者: 空蝉

美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

艶肌に滴る肉悦の雫。老舗旅館を切り盛りする貞淑な若女将・真弓は、近隣でホテルを経営する堂本に弱みを握られ、瑞々しく熟れた肉体を貪られることに。(こんな事、許されない。夫以外の男性を受け入れるなんて……)肥満中年による執拗な愛撫からのフェラチオ奉仕、露天風呂での泡姫プレイの末、美人女将は性感の頂を極める!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!