祐司は両手で瑞穂のヒップを掴み、やんわり捏ねあげた。瑞穂の尻肉はつきたての餅のようにやわらかい。

葉川慎司

「いつでも一回、僕の好きな時にエッチさせてくれるっていう約束だったよね」
祐司は両手で瑞穂のヒップを掴み、やんわり捏ねあげた。瑞穂の尻肉はつきたての餅のようにやわらかい。触れているだけで、祐司のペニスはむくむくふくらみ、ズボンにテントができた。
「本気で言ってます?もし奥様に知られたら、わたし、クビになりますよ」
瑞穂の言葉に、どきっと心臓が鳴った。そこまで深く考えていなかった。屹立していた肉竿が、わずかに力を失う。
「そっか。そうだよね。やっぱ、無理か」
「あら。諦めるんですか?」
瑞穂は右手をすっと祐司の股間に押し当て、やんわりと撫であげた。力を失いかけていた肉竿の裏側の敏感な筋を、ズボン越しに正確に刺激している。

出典:~僕の家に来た美しすぎる家政婦 (フランス書院文庫)

著者: 葉川慎司

掃除中にのぞける白い太腿、36歳の悩ましい腰まわり……エプロンでは隠しきれないむっちり女体の家政婦・瑞穂。まさか彼女が、僕の初体験相手になってくれるなんて!濃厚キッス、お掃除フェラに、ご奉仕バスルーム……「してほしいことがあったら何でも言ってくださいね」どんな淫らな願いも叶えてくれる最高すぎる家政婦!

タイトルとURLをコピーしました