次いで堂本の右腕も引き抜かれ、強かに擦られた割れ目とクリトリスが揃って歓喜の痺れの襲撃を受けた

貪欲にすがる腸粘膜を引きずり出す勢いで、三本の指が抜け出てゆく。次いで堂本の右腕も引き抜かれ、強かに擦られた割れ目とクリトリスが揃って歓喜の痺れの襲撃を受けた。「そら、交代だ」
差し出された男の左腕に、恥も外聞もかなぐり捨てた桃尻が飛び乗る。すぐに三擦り、その場で小さく前後に擦れて、染み出す蜜と、堂本が空いた手で垂らしたソープとを掻き混ぜた。グチュグチュと卑猥に鳴る汁を引き延ばすために腰振りの幅を広げれば、女陰に響く痺れの強さも増す。

出典:~美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

著者: 空蝉

美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

艶肌に滴る肉悦の雫。老舗旅館を切り盛りする貞淑な若女将・真弓は、近隣でホテルを経営する堂本に弱みを握られ、瑞々しく熟れた肉体を貪られることに。(こんな事、許されない。夫以外の男性を受け入れるなんて……)肥満中年による執拗な愛撫からのフェラチオ奉仕、露天風呂での泡姫プレイの末、美人女将は性感の頂を極める!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!