穴あきパンティを穿いている二つのヒップは、誘うように揺れている

穴あきパンティを穿いている二つのヒップは、誘うように揺れている。姉妹はフェラチオに夢中で言葉を発することができないが、ヴァギナに指を挿入するよう求めているのは明らかだった。ちょうどよかったのは、左側が詩織で、右側が加奈子になっていることだ。雅也は利き手が右だから、よく動く方を処女の女子高生に使うことができる。まず確認のためにも、先に詩織に入れることにした。クリトリスの愛撫で大活躍した雅也の精液は、さっきの潮噴きで綺麗になくなってしまっている。ただ、愛液の量は姉妹とも極めて多い。ヴァギナからこんこんと溢れていて、二人の興奮の強さを物語っている。二本の指を、姉のヴァギナに当てる。するとたちまち、フェラをしている詩織が「んんんっ!」と声を漏らした。挿入を喜んでいるのだ。淫裂に沿うように指を動かし、割れ目をきちんと確認する。そして深呼吸をしながら奥に進めていく。

出典:~女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫)

著者: 宝生マナブ

女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫 89)

思いがけず高嶺の花である先輩・加奈子と知り合った雅也は、下着デザイナーを目指す彼女をサポートすることに。加奈子の姉・詩織の助言で男性が苦手な加奈子のために遊園地デートをしたり、下着姿を披露してもらうのだが…。「わかってたよ。私のランジェリーに興奮してくれるって」次第に大胆になる加奈子との扇情的な恋の行方は―。