長襦袢と肌襦袢の前を開いたまま、花穂子は豊乳をクッと差し出す

長襦袢と肌襦袢の前を開いたまま、花穂子は豊乳をクッと差し出す。佑二はすぐさま左右の手を、胸元に伸ばしてきた。指先が胸の丸みにふれただけで、甘痒い痺れが生じた。
「あ、あの……揉んでもいいでしょうか?」
恐々と指を置いただけの佑二が訊く。すべらかな肌の表面から、佑二の手の温もりが伝わってきた。花穂子は下からうなずきを返した。

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!