花穂子は佑二にうなずきを返すと、分身に添えてあった右手で、的を外さぬように誘導した

挿入箇所はここでいいのかと佑二が不安そうに聞く。花穂子は佑二にうなずきを返すと、分身に添えてあった右手で、的を外さぬように誘導した。横に逸れていた先端を、花弁に引っかけて中心へと持ってくる。ヌルッとすべって、そのまま肉塊が潜り込んできた。花穂子の首筋が引き攣った。
「あ、アンッ」
佑二が腰を沈めてくる。引き攣るほどに花弁が拡げられ、太い剛柱が女の内に潜り込む。花穂子はペニスを摘んでいた指を引き、佑二の背に両手を回した。
(ああっ、まだ入ってくる)
勃起はズブズブと押し入ってくる。膣の底まで突き進んでくる感覚は、味わったことのないものだった。やがて互いの恥骨がぶつかり挿入が止まる。

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!