佑二は視線を落として、男性器に絡む白い手に見入った

佑二は視線を落として、男性器に絡む白い手に見入った。美人の叔母が、カウパー氏腺液で指を濡らしながらしなやかな愛撫をする光景は、こうして自身の目で見ていても夢のなかの出来事のようだった。
「きみ、今わたしとお姉さん、どっちのおててが気持ちいいか、考えているでしょ?人妻の手コキの方がよかった?」

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!