佑二によく見えるように、朱唇を大きく開いて舌を広げ、亀頭の裏側を舐め回した

口しか自由にならないもどかしさが女を大胆に変え、湧き上がる奉仕悦が舌遣いを淫らにさせた。佑二によく見えるように、朱唇を大きく開いて舌を広げ、亀頭の裏側を舐め回した。舌で亀頭をくるんだまま、ジュルッと音を立てて、透明な先走り汁を啜り呑む。彩香も負けじと積極的に舌を遣っていた。垂れ落ちてくる花穂子の唾液を受けとめながら、花穂子の舌に舌を重ねてくる。姉妹は互いの唇と舌、そして唾液を混じり合わせて、少年の男性器をしゃぶり尽くした。

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!