露わになったうなじがほんのり桜色を帯びている様が、なんとも艶っぽかった

隣に正座する義母を、佑二は眩しく見る。藍染めの和服に身を包み、完全に乾ききっていない濡れ髪をスティックを使ってアップに結わえていた。耳の横に垂れた後れ毛と、露わになったうなじがほんのり桜色を帯びている様が、なんとも艶っぽかった。

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!