腋下に舌を這わせ、しこった乳首にしゃぶりつき、時間をかけてゆっくりとフェロモンのベールをまとった女体を味わってゆく

首筋にキスを捧げ、柔らかく乳房を揉みほぐす。絶えず愛を囁きながら、腋下に舌を這わせ、しこった乳首にしゃぶりつき、時間をかけてゆっくりとフェロモンのベールをまとった女体を味わってゆく。
最高に旨かった。どこもかしこも芳しかった。汗のしょっぱさも舌が蕩けんばかりにスウィートで、加南子だけの個性的な体臭も男を惑わせるエッセンスだった。舌先はやがて恥毛の茂みに達し、女性の中心部に辿りつく。
「はぁ、ああぁ……んぅ、ううぅ……」
Mの形で大股に美脚をひろげさせ、股座の光景を目にした慎也は、ズキーン、ズキーンッと若竿を脈打たせ、先走りの腺液をドロドロとちびりだしてしまう。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。