ぷっくりと丸い輪を描いた貴和子の肛門が震えた

      

膣前庭をたっぷりかき回したと思うと、彩菜の舌は貴和子の肛門にも伸びて、ベロベロとなめ回す。 ぷっくりと丸い輪を描いた貴和子の肛門が震えた。 「ハゥ、ン!い、いいの、そこは……!彩菜ちゃんは、お尻の穴、…

柔らかくて、良い穴だ

      

(柔らかくて、良い穴だ) ほくそ笑んでは腸肉を舐め穿る。掻き出された端から腸液を啜る卑しい吸引音が腸内に響き渡り、揺さぶられた粘膜がまた喜悦に窄まり、汁を垂らす。