こ・肛門(舐める)

庵乃音人

尻の谷間を広げて柔らかな肉たちを揉み、鳶色の肛門を晒す谷間でスリスリと顔を振った

つい視線が志摩子の臀部に行く。尻たぶの肉が、ふとももとともに震えていた。 食欲もそうだが、貴史としてはどうしても性欲を刺激されずにはいられない。 あえてこんな格好で料理をし、裸同然の後ろ姿を見せつけているということは、それ自体が志摩子の...
庵乃音人

こらえきれない劣情に憑かれた貴史は尻肉を左右に割り開いたまま、尻の谷間に顔を埋め、突き出した舌で肛肉を舐めた

「貴史さん……あはぁ……」 湯のなかに手が潜り、再び貴史の勃起を握った。白魚を思わせる細い指で逆手に持ち、しこしことリズミカルにしごきあげてくる。 「ううっ、志摩子さん、ぼ、僕……おかしくなりそう……」 しごかれるペニスから疼きが走る...
小鳥遊葵

健太の舌を避けるようにさらに尻を上方に掲げると、自然に健太の舌は、前の割れ目に突き刺さるように滑ってくる

(そうよ、健太くん……。まずはお口で受け止め、ごっくんしてあげたでしょう……。次はおま×こで健太くんの種ミルク、絞ってあげるの……。そして、いろんなことを教えた後に、留美子、健太くんにお尻の孔の味も教えるつもりでいるのだから……) その思...
小鳥遊葵

後ろの孔周辺を這い回る健太の乱暴な舌の動きにたじたじとなる

「あっ、健太くん、そこはいいの……」 後ろの孔周辺を這い回る健太の乱暴な舌の動きにたじたじとなる。嫌悪しているのではなかった。尻での交わりも嫌いではなかった。生前、夫とは何度も尻で交わった。亡くなる少し前にも、海から戻ると、夫は前後の孔に...
小鳥遊葵

お尻の孔、何かの花のつぼみみたい……

「お尻の孔、何かの花のつぼみみたい……。ううん、フジツボみたい……」 「ああっ、イヤぁ……フジツボ、だなんて……」 留美子自身、岩肌に貼りついているフジツボを思い浮かべていた。いまは食材として持て囃されているが、少し前までは見向きもされ...
鳴瀬夏巳

さらに顔と谷底とをググッと密着させ、肛門を尖らせた舌先でほじくりかえした

「あ、ああ……イヤですっ……な、なにをっ……あ、イヤああっ!……」 チロチロと肛門を擽っていく。微細な放射状の皺が舌先に心地よい。さらに顔と谷底とをググッと密着させ、肛門を尖らせた舌先でほじくりかえした。 密着した尻肉が痙攣したように夥...
鳴瀬夏巳

恵里子はかぶりを振るように、プリプリと小刻みに美尻を揺すりたてている

「あ、あっ……イヤッ……もう許してっ……あううっ……」 恵里子が猥りがわしい姿勢で悲痛に喘いだ。魔手の動きに過剰反応するかのように、上下左右目まぐるしくキュートな美尻を揺らしている。 「まだまだ」と奥寺は告げ、両手で尻割れを開いていく。...
鳴瀬夏巳

ドリルのように尖った舌先が、肛門をこじ開けて体内へ忍びこんできそうだ

羞恥に身を捩っていると、尻を抱えられた。だがとうとうまた犯されるのかと絶望した矢先である。「ひ、ひいいいっ!」と叫んで比佐子は激しい胴震いに見舞われた。 「感じやすいんだな。フフフフッ。これが石原比佐子の尻穴の味か」 「やめてえっ。舐め...
羽沢向一

さらに舌を横に広げて、肛門を含めた谷間全体を上下に舐めまわす

「お尻の穴が、そんなに気持ちいいんだ?」 「ええ、そうよ。前と同じくらい後ろの穴も感じて、気持ちいいの!」 「やっぱり彩海さんは、すごく変態だ。どうしようもなく変態だよ!」 とがらせた舌で、肛門の中心をつついた。さらに舌を横に広げて、...
羽沢向一

肛門に与えられた最初の一打の衝撃を伝えるように、シーツにキスをする

顔を広げた谷間に埋める。舌先を伸ばし、蕾に押しつける。女肉の花園のぬるぬるした粘膜とは異なる感触だ。鋭い舌の表面に、細いしわが触れた。 「あんっ!」 彩海の尻がブルッと震える。肛門に与えられた最初の一打の衝撃を伝えるように、シーツにキス...
タイトルとURLをコピーしました