健太の舌を避けるようにさらに尻を上方に掲げると、自然に健太の舌は、前の割れ目に突き刺さるように滑ってくる

(そうよ、健太くん……。まずはお口で受け止め、ごっくんしてあげたでしょう……。次はおま×こで健太くんの種ミルク、絞ってあげるの……。そして、いろんなことを教えた後に、留美子、健太くんにお尻の孔の味も教えるつもりでいるのだから……)
その思いが尻の動きに反映されていた。健太の舌を避けるようにさらに尻を上方に掲げると、自然に健太の舌は、前の割れ目に突き刺さるように滑ってくる。
「うわぁっ、あああ、健太くんの、舌が……」
健太も待ち焦がれていた女の割れ目に舌を挿し、昂ぶっているようだった。
(ああん、テクはまだまだだけど、あああっ、この荒々しさ……す、素敵……。ああ、まるで、獣に舌を使われているよう……)
健太の舌は力強く、後方からねじ入れられて、ランダムに動き回っていた。
「あっひっぃーーっ」
舌先が不意に屹立し、半剥け状態の淫芽を弄う。計算してのことではなく、予期しないその舌先の動きが留美子から落ち着きを奪い去る。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。