し・尻(美尻)

御堂乱

弥生はすすり泣きながらギュウッと固く眼を閉じ、再び裸のヒップを突き出した

「後ろを向きな」 竜二がナイフをちらつかせて弥生に命じた。 「尻を見せるんだ」 「あ、ああっ……」 弥生は後ろを向き、男たちに裸の背中と尻をさらした。 「いい身体だ」 前から眺めると、どうしても乳首や股間の茂みに目が吸い寄せられ...
鳴瀬夏巳

ワンピースの水着を剥ぎとった。美尻がプルルンッと不安げに顔を出した。

ところが理香は顔を背けた。奥寺を押しのけ、すがるようにドアに達すると、膝立ちになってドアノブに手をかける。美尻が儚げに緊張を孕み、布地の食いこみはキュンッといっそう深まった。膝立ちの美尻はどことなく心細げに見えた。 それがまた獣性を駆りた...
鳴瀬夏巳

ヒップの右と左とが別々の角度でキュンッと愛らしくパンツの布地を持ちあげている

キャミソールに膝下丈のカプリパンツというのが、主たるエクササイズウェアだ。ほどよいサイズのキュートなヒップに周囲の視線は集中する。学生時代からの修練の賜だ。小気味よく上向いた美尻に女性は憧れを寄せ、男性は生唾を呑んだ。とりわけレッスンがはじ...
櫻木充

尻たぶは綺麗なハート型を描き、双子の肉山も美形に整えられているように思えた

加南子に誘われるまま、美尻の眺めを堪能する。もともと生の尻を目にしたことがない自分が、小さくなっているのかどうかなどわかるわけもないが、尻たぶは綺麗なハート型を描き、双子の肉山も美形に整えられているように思えた。
タイトルとURLをコピーしました