睾丸(指で)

鮎川晃

乳房を揉まれて息を弾ませながら、しゃぶって濡らした指先で、勇作の乳首を刺激している

「前から訊こうと思ってたんですけど……」 早苗の腰に合わせて突き上げながら勇作が言った。乳房を握って揉みはじめる。 「なあに?」 閉じていた目を早苗が開いた。乳房を揉まれて息を弾ませながら、しゃぶって濡らした指先で、勇作の乳首を刺激している...
葉川慎司

五本の指で睾丸を包みこみ、瑞穂は優しく揉みほぐしてくれた

「わたしはただの家政婦です。祐司さんのおかあさまは、奥様でしょう?」 瑞穂は指を睾丸に滑らせてきた。指先で袋の真ん中の筋の部分をくすぐるように撫で、右の玉、左の玉といった感じで、交互に刺激してくる。 「あああ、気持ち……いい」 瑞穂は、沙恵...
葉川慎司

瑞穂は指を滑らせ、睾丸をそっと包みこんだ。敏感な肉袋に、家政婦の手指の感触が沁みこんでくる。

「そうやって素直になるのが一番です」 瑞穂は言うと、タオルの合わせ目を開く。そそり立った男根がにょっきり顔を出し、お湯の中でゆらゆら揺れる。 家政婦は躊躇することなく肉竿に指を巻きつけ、天使のような微笑みを浮かべてくれた。 「くあっ。んうぅ...
小鳥遊葵

一方の手で鋭角にそそり勃つ肉棒を扱きながら、一方の手が淫嚢を擦る

「ああん、どうしよう。あたし、こんな凄いのを見ていたら、もうたまらない……」 「あぅっ、咲枝さん……ソープまみれの手で、そんなに扱かれたら、ぼ、僕……」 咲枝のソープの泡だらけの手が、肉棒に纏わりつく。健太の顔を見上げながら、咲枝はうっとり...
小鳥遊葵

濡れている雫を吸い取ると言ったはずが、留美子の舌は長竿全体に這い始める

「あああ、気持ちいい……。留美子さんの舌……僕、ああっ、たまらなくなる……」 濡れている雫を吸い取ると言ったはずが、留美子の舌は長竿全体に這い始める。いかにも繊細そうな指があちこちを這い回り、淫嚢が擽られる。 「ああん、だめだよ、本当に……...
小鳥遊葵

目の前の肉棒がさらに逞しくなる。留美子は両手の指で肉棒を掴んだ。

「ああ、留美子さんの目、とても、いやらしい……。それに、そ、その、大きなおっぱい……。ぼ、僕、もう、たまりません……」 健太の視線の行き先は、三十路を過ぎても型崩れしないままに突き出ている、肉乳だけにとどまらず、濡れて股間のやわ肌に貼りつい...
北條拓人

れろれろれろんと、舌と口腔粘膜に亀頭部を転がされ、白魚のような指に竿胴部分をしごかれる

射精が未遂に終わっているだけに、生温かい口腔に迎え入れられると、すぐに血液がそこに集まってくる。れろれろれろんと、舌と口腔粘膜に亀頭部を転がされ、白魚のような指に竿胴部分をしごかれる。 「千夏さん……うおっ、ど、どこで、そんなこと……」 皺...
神瀬知巳

そのタイミングで、彩香は陰嚢の下側を指で摘む

(ああ、出ちゃう) 十六歳の肉体は限界に達した。蝉の鳴き声が消え、世界が真っ赤に染まろうとした。そのタイミングで、彩香は陰嚢の下側を指で摘む。精液の通り道をせき止めたのだとわかった。
神瀬知巳

そう言うと紅唇は、またちゅぷりと亀頭を含んだ

「手はおしゃぶりする女の頭の上に置くのよ。上手だったら撫でて褒めればいいし、もっと呑み込めっていうのなら、下へ押し込めばいいから」 そう言うと紅唇は、またちゅぷりと亀頭を含んだ。 「んぐっ、んふ」 彩香は喉声を漏らして肉茎を吸い、棹腹を指で...