濡れている雫を吸い取ると言ったはずが、留美子の舌は長竿全体に這い始める

「あああ、気持ちいい……。留美子さんの舌……僕、ああっ、たまらなくなる……」
濡れている雫を吸い取ると言ったはずが、留美子の舌は長竿全体に這い始める。いかにも繊細そうな指があちこちを這い回り、淫嚢が擽られる。
「ああん、だめだよ、本当に……。僕、ああ、このままだと……」
健太の訴えなど無視し、留美子の舌は肉棒を縦横に躍る。それだけではなかった。留美子は一度、健太を見上げて艶然と微笑むと、大口を開けて、一気に肉棒を口中にねじ込んでいた。
「ああっ、きょ、強烈、すぎる……」
初体験で、口と膣で二度放っているとはいえ、自慰体験しかなかった健太には、刺激的すぎる留美子の攻めだった。
「る、留美子さん……。僕の、好きなように、させてくれるって、言ったのに……」
聞く耳を持たないように、留美子の肉棒の吸い込みはバキュームフェラに変わっていた。しかも、留美子は自ら激しく頭を振ると同時に、健太の腰に回していた片手に力を籠め、引き寄せると、健太に対し、イラマチオを強要するように、ぐいぐいと腰を前後させる。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。