瑞穂は指を滑らせ、睾丸をそっと包みこんだ。敏感な肉袋に、家政婦の手指の感触が沁みこんでくる。

葉川慎司

「そうやって素直になるのが一番です」
瑞穂は言うと、タオルの合わせ目を開く。そそり立った男根がにょっきり顔を出し、お湯の中でゆらゆら揺れる。
家政婦は躊躇することなく肉竿に指を巻きつけ、天使のような微笑みを浮かべてくれた。
「くあっ。んうぅ!」
体の芯を官能の電流が走り抜ける。ペニスに伝わってくる瑞穂の指先の感触は、すべすべしていて滑らかで、夢見心地になるほど温かかった。
「硬くなってますよ、祐司さん」
五本の指で優しく包み、瑞穂は手首をゆっくり返しはじめた。滑らかな指先が、心地よく敏感な肉茎を刺激してくれる。
「んうぅ。ああっ。だって、ホントにめちゃくちゃ気持ちいいんだ」
「ふふっ。そんなこと言われると、もっと気持ちよくしてあげたいって思っちゃうじゃないですか」
瑞穂は指を滑らせ、睾丸をそっと包みこんだ。敏感な肉袋に、家政婦の手指の感触が沁みこんでくる。
「はふぅ。ああ、すごい」
「敏感なんですね」
五本の指で中の肉玉を転がすように、瑞穂は指を動かした。彼女の手指に翻弄され、ふたつの肉玉が袋の中でうねりこすれ合う。下半身がとろとろに溶けてしまいそうなほど心地よい愛撫だった。

出典:~僕の家に来た美しすぎる家政婦 (フランス書院文庫)

著者: 葉川慎司

掃除中にのぞける白い太腿、36歳の悩ましい腰まわり……エプロンでは隠しきれないむっちり女体の家政婦・瑞穂。まさか彼女が、僕の初体験相手になってくれるなんて!濃厚キッス、お掃除フェラに、ご奉仕バスルーム……「してほしいことがあったら何でも言ってくださいね」どんな淫らな願いも叶えてくれる最高すぎる家政婦!

タイトルとURLをコピーしました