ローション

鳴瀬夏巳

ハイレグの張りついた股間はM字開脚のおかげで無防備そのものだ

珠実が頭を起こした。床面まで濡らすほどたっぷり垂らしたのち、奥寺は「いまにわかるよ」と告げた。珠実の股間に手を伸ばす。ハイレグの張りついた股間はM字開脚のおかげで無防備そのものだ。濃紺の布地をずらして陰部をまさぐろうとすると、細身の肢体が暴...
鳴瀬夏巳

水着もろとも股間は見るみる浸され、天井からの明かりに照り輝きだした

奥寺は用意しておいたボトルを手にした。珠実の股間の上でボトルを逆さにすれば、ドロリとした透明の粘液が垂れてきた。アダルトショップで入手したローションである。水着もろとも股間は見るみる浸され、天井からの明かりに照り輝きだした。
北條拓人

押し付けられたままの乳房が作る深い谷間が、俊輔を甘く誘った

押し付けられたままの乳房が作る深い谷間が、俊輔を甘く誘った。 「ここ、こんなに堅くしてるのって、私に反応してくれているのですよね?」 しなやかな手指が、甘やかに勃起に巻きつき、むぎゅっと竿幹を握られた。 「あううううっ」 おずおずし...
櫻木充

慎也はいそいそとパンストのシームに爪を立て、肛門を露わにした

加南子の告白に耳を傾けながら、慎也はいそいそとパンストのシームに爪を立て、肛門を露わにした。肉の蕾をほぐすように、ゼリーを丹念に小皺の隅々にまで塗りこみ、ときおりヌップリと直腸に指を挿入する。
神瀬知巳

ローションで濡れた男性器を、花穂子が潤んだ瞳で見つめ、下から上にさすった

彩香が姉の手を掴んで引っ張る。花穂子が彩香の隣にひざまずくと、その手に佑二の勃起をさわらせた。 「あん、こんなになって」 ローションで濡れた男性器を、花穂子が潤んだ瞳で見つめ、下から上にさすった。
神瀬知巳

彩香の指でヌルヌルとマッサージをされ、ペニスはカウパー氏腺液を潤沢に噴きこぼしていた

彩香の指でヌルヌルとマッサージをされ、ペニスはカウパー氏腺液を潤沢に噴きこぼしていた。ローション液と混ざって、淫らな汁音が明るい日の差し込む室内に響く。
神瀬知巳

透明な液がトロリトロリと手の平に垂らされ、佑二の陰茎に塗りつけられた

「ローションを持ってきているけれど、使って欲しい?」 妖しい瞳で問いかける彩香に、佑二はコクンと首をゆすった。彩香が横のテーブルに置いたバッグから、ローションの容器を取り出す。透明な液がトロリトロリと手の平に垂らされ、佑二の陰茎に塗りつけ...
神瀬知巳

ゆっさゆっさと双乳が縦に跳ね、胸の谷間から亀頭が覗き出て、また白い胸肉のなかに隠れる

彩香が下から艶やかな視線を向け、吐息をこぼした。ローションのボトルに手を伸ばし、胸元にローション液を滴らせた。胸の谷間が吸った粘液の冷たさを、ペニスは感じて、ピクンと戦慄く。 「うふふ、うれしそうに震わせちゃって。佑二くんのオチン×ンに、...
空蝉

腰を持ち上げると、ローションと蜜の混合液が尻に張り付いたまま引き延ばされ

ナミに言われて腰を持ち上げると、ローションと蜜の混合液が尻に張り付いたまま引き延ばされ、やがて自重でぶつりと垂れ落ちる。準備すら、疼く女体にとっては悦と煩悶を伴う行為に他ならなかった。
空蝉

粘り気と共に余計摺りついてくるナミの乳肌の柔らかさに犯されて

冷たかったローションが女二人の体熱で温まり、粘り気も増して肌に絡みついてくる。それが心地悪くて震えているだけ──繰り返し言い訳を連ねてみたところで、経験豊富な少女を騙せるはずもない。粘り気と共に余計摺りついてくるナミの乳肌の柔らかさに犯され...
タイトルとURLをコピーしました