抗う間もなく柔かな唇がむにゅりと押し付けられる

      

ちえりは、四つん這いになった美波の正面に回ると、正座したまま地面に手をついて、その唇にむちゅっとくちづけた。ちえりは目をくりっと動かすと、悪戯を企んでいる子供のような顔で美波に顔を近づけていった。抗う…

身体全体のバランスに比べて大きめの尻

      

その脇に手を差し込んで立ち上がらせると、自らは背後に回る。浴槽の縁に手をつかせると、立ったまま前のめりにした背中をぐっと下げた。身体全体のバランスに比べて大きめの尻がぐっと持ち上がり、細い腰との境目が…

丸だしの乳房をたっぷたっぷと躍らせながら

      

膣奥深く亀頭を食い込ませるペニスの激感に、もはや美砂は抗えない。移動途中の尺取り虫のように尻を突きだし、丸だしの乳房をたっぷたっぷと躍らせながら、亜紀の媚肉を激しくほじる。そんな動きをさらに熱烈なもの…