パンストの切れ目からのぞく菊花をプクッ、プクッと膨らませ、慎也の劣情を煽る

デリカシーの欠片もない物言いに、カーッと顔面を赤らめると、加南子はあらためて双臀を突きだし、アナルの交尾を急かした。
「ねえ、もう焦らさないで。早く私のなかに来てぇ……アヌスのバージン、慎也さんにあげるからぁ」
額で身体を支え、尻の谷間を両手でこじ開ける。パンストの切れ目からのぞく菊花をプクッ、プクッと膨らませ、慎也の劣情を煽る。
「う、うん、すぐだよっ!今すぐ加南子さんの肛門を、アヌスを……俺ので」
鼻息を荒らげ、怒張を握りしめる。
艶やかな煌きを放つナイロンヒップにまたがり、肉筒の尖頂をアヌスにあてがう。ムチュッ……。かすかに開いた肉穴が鈴口に吸いついてくる。早く貫いて欲しいとばかり、鈴口をかじってくる。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。