左右の中指で肉土手を押さえつけ、人差し指でラビアを捲りひろげる

「……なかも、見せてあげるから」
矢のように突き刺さる息子の視線にますます媚肉を火照らせると、加南子は額と肩で身体を支え、両手を股座に這わせていった。左右の中指で肉土手を押さえつけ、人差し指でラビアを捲りひろげる。
一日の分泌に穢れ、乳白色の粘液にまみれた肉底を、透明の愛液を滴らせている蕾も、尿道口もなにもかも、最愛の異性に視姦してもらう。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。