彩海の左右の乳首が、同時にレースの上から指でこすられた

彩海の左右の乳首が、同時にレースの上から指でこすられた。強い力ではなく、高くしこりたった肉筒の表面をやさしくなでるだけの愛撫だ。
「ああっ!今日、はじめて乳首を触られたわ!はううっ、燃えちゃう。わたしの胸が火を噴きそう!」
彩海は裸の背中を、尚樹のシャツの胸に押しつけ、こすりつける。静止したバイブを呑んだままの股間がゆるゆるとくねり、パンティから大きくはみ出た尻たぶをベッドのシーツになすりつけた。開いた両足の先の指が折れては伸びる。