乳首(勃起)

御堂乱

命じられて兵士たちの方へ尻を向けたときには、色の薄い乳首は恥ずかしいほどに勃起してしまっていて、前に並ぶ大使夫人らにしっかりと見られてしまった

「綺麗な乳首をしている」 子供がいないせいだろうか、人妻とは思えぬ瑞々しい乳首を、中尉はつまみあげてコリコリとしごきあげた。 「どうです、感じますか?」 「くううっ!」 「夫以外の男にこういうことをされるのも、新鮮でいいものでしょう?我慢し...
御堂乱

芝居じみたセリフを言っておいて、美の極致とも言うべきバストのふくらみに手を伸ばした

「エクセレント!」 一同の気持ちを代弁して中尉が叫んだ。 ツカツカと大使夫人に歩み寄ると、いったん部下の兵士らの方を振り向き、 「諸君、この美しい乳房に敬意を払いたまえ」 芝居じみたセリフを言っておいて、美の極致とも言うべきバストのふくらみ...
早瀬真人

慎吾は官能に打ち震える恵美の姿と、巨大なバストの揉み心地のよさに感動さえ覚えていた

「あ……はぁぁぁン」 恵美の甲高い声に一瞬怯んだ慎吾だったが、その目はすでに猛禽類のような鋭さを帯びている。 指先、手のひらを総動員し、半円形の乳丘全体にオイルを引き伸ばしていくと、恵美は微かに口を開け、瞳をしっとりと潤ませた。 「ふん……...
鮎川晃

茎をワイパーの様に振って乳首を弄り、あるいは先っぽで突いたりする

「もちろんしてあげますよ。奈津子さんのおっぱいが敏感だってこと、僕、今でも忘れてませんから」 「あんっ。いきなりしゃぶらせるなんて……むぐ。くちゅくちゅ、ねろ」 する前に奈津子の口に勃起を押しこみ、小刻みに腰を遣う。抜けては刺さる勇作が、奈...
鮎川晃

ぶるん、ぶるるん、みち、むちん……。勃起しきった乳首が、汗にきらきら光っている

「で、出るの?いいわ!早く!そうじゃないと私……あふう!ま、ま× こ破れる!本当よ?本当に……ひぐ!あぁ、もうだめ麻里亜いきますう!」 感極まった麻里亜は、達しながら上体を起こし、背後の勇作に手を添えて果てる。仰向いた乳房が、アクメする麻里...
鮎川晃

俯いて勃起を含んでいる文子の胸元には、乳房が重たげに揺れている

つねったち× ぽを、慈しむように撫でると、早苗はそっと口に含んだ。そのままねっとり舌を絡めていく。 「あぁ……気持ちいい……文子さんの優しさが、そのまま舌から伝わってくるみたいだ……痛くなかったから、そんなになさらなくても平気ですよ」 俯い...
天海佑人

裕美は再び、眠っている夫を見て、自らの手で鎖骨から乳房にかけて、あらたなローションを掛けていく

裕美が泣きそうな表情で夫と夫の教え子を見る。そしてたわわな乳房を揺らしつつ、教え子のそばに寄ってくる。 「さあ、掛けて」 と奥さんにローションのボトルを渡す。裕美は再び、眠っている夫を見て、自らの手で鎖骨から乳房にかけて、あらたなローション...
鮎川晃

肉感的な身体のラインは言うに及ばず、艶やかで深みのある肌の輝き、歓びに硬くなる乳首の素直さ、大胆なまでに蠢く女淫は、お世辞抜きに素晴らしかった

年齢には抗えないから、早苗のおっぱいは確かに少し緩んでいる。スタイルもまだまだ素晴らしいが、二十代の細さやしなやかさはさすがにない。 でもその分、女としては成熟している。肉感的な身体のラインは言うに及ばず、艶やかで深みのある肌の輝き、歓びに...
天海佑人

乳首、とがってきましたよ、奥さん

孝典は乳房から手を引いた。するとまた、揉みくちゃにされていたふくらみが、お椀の形に戻る。今度はそれだけではなく、乳輪に埋まっていた蕾が芽吹いていた。 「乳首、とがってきましたよ、奥さん」 そう言って、孝典は先生の奥さんの乳房に顔を埋めていっ...
天海佑人

いつの間にか、左右の乳首がぷくっとしたとがりを見せていた

これまでおとなしかったのは、これまで童貞だったのは、きっかけがなかっただけだ。きっかけがあれば、こんな俺でも獣になってしまうんだ。それがやりたい盛りの男子なんだ。 「乳首、さっきよりずっと、とがってきましたよ。感じているんですか。僕の愛撫に...
天海佑人

タンクトップにブラカップがついていたようで、いきなり、白いふくらみがあらわれた。そこにどす黒い縄が食い入っていく

康夫と勇太が裕美の股間を責めている間に、浩二は縄で絞りあげられている胸元に手を出していく。そして、タンクトップの細い肩紐をぐっと引き下げていった。 「だめっ……」 タンクトップにブラカップがついていたようで、いきなり、白いふくらみがあらわれ...
鮎川晃

仰向けの乳房が重たげに広がり、いくぶん平たくなっている

びくん……と、文子が裸身を揺らした。さっきの余韻はまだ色濃い。仰向けの乳房が重たげに広がり、いくぶん平たくなっている。その先にある乳首はまだ女で、健気なほどに勃起している。 「汚したのは僕ですから。もっと注意するべきでした。本当にごめんなさ...
鮎川晃

汗まみれの乳房は、乳首を完全勃起させ、さんざん指を抜き刺しされた女は、欲情の薫りでむせ返るようになっている

「寂しい女をこんなに昂ぶらせておきながら、まだそんなこと仰っているの?そんな暇があるのなら、早く責任を取ってくださいっ」 冗談交じりに勇作を睨む文子は焦れている。汗まみれの乳房は、乳首を完全勃起させ、さんざん指を抜き刺しされた女は、欲情の薫...
空蝉

露出したばかりの敏感乳首にすぐさま汁を塗りたくり、コリコリの触感を堪能する

「す、好きっ……大好きっ、んっあぁあひッィィ……賢太さ、あぁんっ」 脇締め誇らしげに差し出した双乳に、唾液を足して美幸が喘ぐ。あなたのおかげで、好きになれた胸だからと。切々告げる声に刺激され、男の砲身が一回り膨張した。 初めて肌重ねた夜の事...
空蝉

インターバルを置いたために半ばほど乳輪に埋もれていた右乳首を、凹みごと舐り上げておいて、一時離脱

間を置かずに、顔を挟みつける乳肉にかぶりつく。剥き出されて間もない乳肌は蒸れた熱気を纏い、汗ばんでいた。谷間に溜まった分の汗を舐り取って右乳房の内側面を這い上り、彼女の弱点へとたどり着く。 「あっ……ン。ひぁ、あ、あひ……っ」 インターバル...
空蝉

感極まった賢太の腰が跳ね上がり、締める唇を捲り上げて肉棒が押し入る

(最後まで一緒に、気持ちよくなりたい……っ) 「はぅ!あっ、あぁ、俺っ、俺もうっ、持ちそうにない、です」 絡みつく舌を押し戻して、唾液でひたひたの粘膜が待つ口腔へ。感極まった賢太の腰が跳ね上がり、締める唇を捲り上げて肉棒が押し入る。 「んも...
空蝉

勃起状態も見慣れた感のある美幸の乳首を眺めつつ、しっとり吸いつく乳肌に指を這わせ揉みしだく

「は、あぁ……っ、ン……ッ、ンはっ、あァァ」 忙しく下腹を波打たせて、深々嵌まり込んだ肉棒の放つ火傷しそうな熱気を、襞肉で抱き締める、美幸。惚け開くその口腔の奥で、濡れ光る舌が蠢いている。当然の如く見入っていた賢太が視界に収め、肉棒が放熱と...
北都凛

神谷は遠慮することなく衿を左右に開き、量感たっぷりの乳房を剥きだしにする

「ンあっ、ああっ……やっ、駄目……あううっ、駄目です」 膣壁にカリを擦りつけるように抜き差しすると、夫人は面白いように反応して喘ぎ泣く。悶えるうちに長襦袢の衿もとがはだけて、魅惑的な谷間が覗けてきた。 これが和服姿のセレブを犯す醍醐味のひと...
空蝉

喜悦に咽ぶ乳首が美幸自身の手によって中央に寄せられ、望んで肉棒に押し当てられる

「あ……っ。うはぁぁっ」 汗とカウパーで滑った賢太の指が、図らずも左右の乳輪を手放し、跳ねた乳房が、ちょうど突き上がってきた肉幹を打ち据える。 「ひぁっ、あぁぁぁんっ。はぁっ、あ、ひ……っ!きちゃ、ぅぅっ!」 またも訪れた不意の衝撃を、美幸...
未分類

縦に引き伸ばされた双乳が、摩擦熱に急き立てられて中央に向け押し狭まり──圧を受けた肉幹の内で白熱が迫り出す

「ふっ、ぁ……!い、今すごく強くおちんちんビクッて、した、ぁぁぁ……」 淫らに蕩けた美幸の呟きが、吐息の熱と共に亀頭へと吹きかかった瞬間。賢太の腰に茹だるほどの恍惚が突き抜けた。 (上目遣いで「おちんちん」って。反則過ぎです、美幸さん) 唇...