花穂子は喉を絞って、掲げたヒップを悶えさせた

「舐める時は、付け根から先端に舐め上げるのが基本ね。円を描くようにしてあげるのもいいわ。後は男性の場合と同じように、根元を指で摘んで扱いてあげるとか。お姉さんの反応を見ながら、どういう風にすると効果があるか、あれこれ試してみるといいわよ」
同じ女性だけあって、ツボを心得ている。花穂子の身体が実験台だった。佑二は包皮を剥き出し、過敏な内側を直接吸ってきた。鋭い快美が背筋を駆け抜け、肌が粟立つ。花穂子は喉を絞って、掲げたヒップを悶えさせた。

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!