バイブ

御堂乱

快感などという生易しいものではなかった。淫らなうねりと強烈な振動が、柔肉をえぐりたてながら掻きまわしてくる。

「奥さんッ!」 バイブのスイッチを入れるなり、青年は震える手に握った淫具の先を志津子の花芯に押し当てた。 「ああッ、いやッ」 思わず引こうとした腰を竜二に押さえられた。 「自分から頼んどいて嫌はねえだろう。フフフ、奥まで挿れてもらえ...
小鳥遊葵

健太ちゃんに、バイヴを、入れられているぅーーーーっ

「ママ、凄いよ……。感じてるんだね。急に濃い蜜がドロドロ出てきてる……」 「ああん、イヤぁぁぁ、そんなこと、言わなくていいの……。ママ、恥ずかしい……。健太ちゃんに、こんなにも淫らな体を見られて、ママ、死ぬほど、ああ、恥ずかしいのよ……。...
小鳥遊葵

バイヴを手に、健太は義母の股間の付け根に咲く淫裂を凝視した

「ママ、そのバイヴ、僕に使わせて……。だって、僕とママ、セックスできないんでしょう……。でも、そのバイヴを僕が手にし、ママのおま×こに挿し込むのはいいんでしょう、ママ……。僕、そうしたい……。それで僕、ママとおま×こ、している気持ちになり、...
小鳥遊葵

健太の手によって乳の上に置かれた三本のバイヴに手をやる義母の表情が蕩けはじめているようだった

「ま、ママ……。三本も、バイヴが……」 「うううっ、言わないで、健太ちゃん……。ママだって、死ぬほど恥ずかしいことをしようとしているのよ……。ああ、どうしましょう……。あたし、ああ、健太ちゃんの、母親なのに……。健太ちゃんに、こんなこと…...
鳴瀬夏巳

女を黙らすには、尻穴の写真が一番だ。まして久末理香が尻でバイブを咥えこんだところとなると……

さらなる嗜虐への希求に鼓舞され、奥寺の肉刀はいっそう漲った。熱く滾った血液がどっと刀身に流れこんだ。それまでにも増して鋭角的に尻奥を突きあげる。恥蕾をクリクリと小気味よく弾いていく。バイブをグイッと肉奥深く送りこむ。 肉奥からは大量の花蜜...
鳴瀬夏巳

動かないで、と哀願しつつ、理香は肉刀を咥えこんだ美尻をみずから揺すりたてている

「そ、そんなっ……イヤッ……イヤよっ……」 びくついた声音が返った。 奥寺は後ろから体を密着させた。アナルバイブを膣洞に挿入しつつ、肉刀を美尻に突きつける。スレンダーな肢体がおののき、美尻が左右に打ち振られた。 「いい加減にあきらめな...
鳴瀬夏巳

そのままバイブは離れることなく、無情の微振動が恥蕾を弾きつづける

声とともに、瞬悦が鋭く突きあげる。バイブは電源が入ったままだったと見え、敏感な恥蕾を弾かれたのだ。そのままバイブは離れることなく、無情の微振動が恥蕾を弾きつづける。腰の抜けるような愉悦がじわじわと下半身を浸食していく。理香はがっくりと額をフ...
鳴瀬夏巳

理香は尿意に歪む美貌を肩口に押しつけながら、丸出しの美尻をつらそうに捩った

理香は尿意に歪む美貌を肩口に押しつけながら、丸出しの美尻をつらそうに捩った。 そこで奥寺はアナルバイブのスイッチをオンに戻した。振動を最強度にまであげる。 「ああっ、あううううっ……う、ううっ……」 理香はモデルばりの五体をピクピクン...
鳴瀬夏巳

このままバイブを自在に駆使し、小癪な尻をいたぶりつづけて夜を徹してもいいとまで思った

「動かさないでえっ……。あ、あうっ……お、お尻がっ……」 尻奥を捏ねくりかえすと、理香はプリンッと尻を揺すり、肢体をぴくつかせた。 心細げな悲嘆の声が夏の夜気に漂っていく。苦悶の美貌が愉快極まりない。奥寺は肛環も擦りきれよとばかりにバイ...
鳴瀬夏巳

肛環がバイブにキュキュッと噛みついているのがわかる

「あ、うううっ」 美しい喉頸をさらして理香が耐えている。肛環がバイブにキュキュッと噛みついているのがわかる。柄を握る手に、奥寺はひしひしと肛環の食いつきを感じとった。
タイトルとURLをコピーしました