奥寺は集中的に恥蕾を舐め嬲りはじめた。目も眩む瞬悦が立てつづけに襲う。

けれどそれ以上を考えている暇は与えられなかった。奥寺は集中的に恥蕾を舐め嬲りはじめた。目も眩む瞬悦が立てつづけに襲う。望まぬ快感に翻弄される理香を嘲るかのように、呪わしい舌先は恥蕾をこそげるピッチをあげた。ハッ、ハッ、ハッと喉を涸らした犬のごとくリズミカルに息を吸いつつ、女の致命的なウィークポイントを徹頭徹尾責めあげる。肉奥が熱くなり、花蜜が膣洞に滴っていく。
「あっ、あうっ……はううっ……だ、駄目っ……やめてっ……あ、んんっ……」
拘束された両手を握りしめ、また消耗しきった肉体を夥しく震撼させて、肉の快美をひたすらに堪える。けれど、恥蕾は次第に敏感にさせられていく。声はもらすまいとお腹に力を籠めるものの、声は悲しいばかりに甘く、切ないものになっていった。

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!