ジジジジ──。ファスナーを降ろす小さな音が、やけに耳に響いた

長い腕が背筋に回り、ティアドロップ型のファスナーを摘み取る。
ジジジジ──。ファスナーを降ろす小さな音が、やけに耳に響いた。強張る頬から充分以上に、その緊張が伝わってくる。おそらくは、口から心臓が飛び出してしまいそうなほどだろう。
起毛状のビロード生地が、ファスナーを下げられるほどに、前方に撓みはじめる。腰部で結んだエプロン紐のあたりにまで到達したところで、いったんファスナーから指が外れると、今度は両袖のボタンを外しはじめた。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。
「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」
そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。
日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に
天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!