黒いストッキングの細かい網目で肉塊を搦め捕ろうとするように、ほこほこのクロッチ部分をなすりつけてくる

「うれしい。俊輔さん、もっともっと気持ちよくなってくださいね。精いっぱいご奉仕させて頂きますぅ」
くねくねと細腰をくねらせる千夏。黒いストッキングの細かい網目で肉塊を搦め捕ろうとするように、ほこほこのクロッチ部分をなすりつけてくる。露わにした乳房も、俊輔のお腹や胸板の上でやわらかく踊っている。