ああ、健太の腹筋が、あたしのあそこを弄んでいる……

香蓮は手に肉棒を握ったまま、健太の胸板から降りようとしていた。割れ目が胸板を滑り、吐き出される多くのぬめりが胸板を濡らしていく。
「ああん、健太の胸に擦れて、はぅ……」
その吐息は妙に咲枝に似ていた。香蓮は健太の体から降りると、すぐに正対して再び跨がってくる。健太の下腹に香蓮の割れ目が擦り付けられていた。
(香蓮のおま×こから出る蜜が、僕のお腹をぐしょぐしょにしているよ……)
まさにしとどに濡れていた。しかし、熟女の蜜よりはさらさらしているようだった。
「ああ、健太の腹筋が、あたしのあそこを弄んでいる……。あなたの体、どこもかしこも、ううっ、いやらしいんだから……」
香蓮は尻を浮かすと、肉棒に指を絡める。蹲踞の姿勢のままに指を絡めた肉棒を二、三度扱く。それを前屈みに覗き込んでいる姿も、ついさっき貪欲にお互いを貪り合った、咲枝の姿に重なった。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。