丁寧に睾丸をしゃぶり、袋の皴を伸ばすように舌先で舐るのだ

すぐにまた勃起に向かうと、今度は玉袋を口に含んで舌で転がしはじめた。丁寧に睾丸をしゃぶり、袋の皴を伸ばすように舌先で舐るのだ。
「うっ!うぁぁ」
睾丸を、そんなふうに責める方法があるなど思いもよらぬことだった。くすぐったいような、むず痒いような奇妙な感覚に、俊輔は白目を剥いて身悶えた。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!