丁寧に睾丸をしゃぶり、袋の皴を伸ばすように舌先で舐るのだ

すぐにまた勃起に向かうと、今度は玉袋を口に含んで舌で転がしはじめた。丁寧に睾丸をしゃぶり、袋の皴を伸ばすように舌先で舐るのだ。
「うっ!うぁぁ」
睾丸を、そんなふうに責める方法があるなど思いもよらぬことだった。くすぐったいような、むず痒いような奇妙な感覚に、俊輔は白目を剥いて身悶えた。