やや大きめの乳輪を、乳首ごと舐めしゃぶられる

「ああ、ようやく深佳さんのおっぱいを生で……んちゅっ、ちゅばばぁ…」
「ん、ひっ!ああ、そんないきなりだなんて…あん、乳首舐めちゃいやぁん」
ちゅッちゅ、ちゅばちゅちゅ、ぢゅッちゅ、ちゅぶぶちゅ──。
やや大きめの乳輪を、乳首ごと舐めしゃぶられる。
「んちゅっ!!甘くて美味しいです……ぢゅッちゅ、舌が勝手に吸いつきます……レロレロン……乳首も大きめ、涎に濡れると金色に輝くのですね……ちゅじゅるる!!」
「あん、ゃあ、そんなに強く吸わないで…乳首大きくなっちゃうぅ……んひ、ううんっ……た、ただでさえ大きめなのが……んっく……恥ずかしいのにぃっ」

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。
「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」
そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。
日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に
天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!