ち・乳首(口で)

鮎川晃

やがて、弾力に満ちた下着が落ちると同時に、これまた一瞬で肉感を増した腰と尻たぶを見て、勇作が歓声をあげた

「崩れたなんて大げさです。そりゃ、多少は垂れたりしてるんでしょうけど、このおっぱいだってとっても素敵ですよ。だからもっと自信を持ってください」 言いながら、乳房から顔も手も離そうとしない勇作を、麻里亜が嬉しそうに見つめている。 「あぁ、こん...
鮎川晃

アクメの興奮醒めやらぬ美貌を、麻里亜は勇作の胸に埋めると、Tシャツを捲り上げて乳首を舐めはじめる

「ゆ、勇作が焦らすから私……ひぐ!オウ!トゥセンシティヴになっちゃいました……あぁ、でも、この感じ久しぶり……ソウナイス……ひいん……勇作の、ますます硬くなってるみたい。あぁ、このままカムして。あなたのジズが欲しいの……くちゅ、ちゅぴちゅぴ...
天海佑人

孝典は顔をあげるなり、もう片方の乳房に顔を埋め、つん、ととがった乳首を吸っていく

孝典は顔をあげるなり、もう片方の乳房に顔を埋め、つん、ととがった乳首を吸っていく。と同時に、自分の唾液まみれとなった乳首を摘み、こりこりところがしていった。 我ながら、流れるような動きだった。日頃AVを見まくり、男優の動きが身体にインプット...
天海佑人

手を離すと、もう片方の乳首も、つんととがっているのがわかった

孝典は松前先生の奥さんの乳首を口に含むと、じゅるっと吸っていった。 「あっ、ダメッ……」 裕美の身体がぴくっと動いた。 感じてくれている。俺なんかの乳首舐めに、先生の奥さんが感じてくれている。 孝典はうれしくなり、さらにちゅうちゅうと吸って...
天海佑人

自分の唾液で絖る松前先生の奥さんの乳首を、孝典はつまんでいた

「ああっ、だ、だめ……はあっんっ……舐めては、あんっ、だめっ……」 ひと舐めごとに、裕美がぴくっと縛られた上体を動かした。 感じているんだ。俺の舌に、裕美さんは感じてくれているんだ。 相手がエッチな反応を見せてくれることで、責めているこっち...
鮎川晃

ちゅう、ちゅうちゅぴ、くちゅくちゃ……と、音を立てて乳首をしゃぶる勇作の頭を抱え、恵子が汗まみれの半裸を震わせる

「あぁ、恵子さんの乳首……むちゅう……ちゅびっ、ちゅばっ……堪らないよ」 「あん、そんな、逸り過ぎですわ……ひっ……急に強く吸わないで、久しぶりなの……あう……うう」 いきなりの勇作の行為に、わずかに身体をよじったのもつかの間、恵子はすぐさ...
空蝉

勃起状態も見慣れた感のある美幸の乳首を眺めつつ、しっとり吸いつく乳肌に指を這わせ揉みしだく

「は、あぁ……っ、ン……ッ、ンはっ、あァァ」 忙しく下腹を波打たせて、深々嵌まり込んだ肉棒の放つ火傷しそうな熱気を、襞肉で抱き締める、美幸。惚け開くその口腔の奥で、濡れ光る舌が蠢いている。当然の如く見入っていた賢太が視界に収め、肉棒が放熱と...
葉川慎司

舌で転がすように乳頭をねぶると、義母の唇からもれる嬌声がせつなげにかすれる

「奥様。リラックスしてください」 瑞穂のすべすべした指が、沙恵子の乳房を揉みあげる。女性が女性にする愛撫を、祐司は初めて目の当たりにした。背筋がゾクゾクするほど淫靡で美しい。 「ああっ」 沙恵子の唇からかすれた喜悦の声がもれる。 「綺麗だ、...
空蝉

ギュッと乳輪周りの肉ごと搾り上げられるなり、美幸の乳内に矢のように鋭い痺れが幾筋も迸った

(ドキドキ、ジンジンするの……ふっ、ううあ、あァ……こ、こんな気持ちに、賢太さんもなっているの……?) 想像にさえ情欲を掻き立てられ、美幸のうなじから乳肌に至る曲線に、玉の汗が浮く。浮いたそばから身震いにより垂れ滑り、乳の谷間に落ち着いた汁...
空蝉

悦の種が詰まってパンパンの玉袋を手揉みする傍らで、亀頭から雁に至る道程全部にマーキングする気でキスの雨を降らせた

賢太を制して繋ぎ止め、美幸は改めて肉の棒へと這わせた舌を蠢かす。 (勝負って感じ?) 問うてくる意地悪な顔に、頷きと、亀頭を舐って賢太の口から喘ぎをこぼさせる事で宣戦布告とする。 応じた朱里も賢太の左乳首を舐り、より大きな嬌声を彼の口から発...
葉川慎司

乳房の頂上で、小さな乳頭がきゅっと引き締まる。舌を差しだし、突起をぺろりと舐めあげた。

自分の思いに正直に、祐司は唇を沙恵子の乳房に押しつけた。 「ん。はうっ」 ぴくっと女体が引きつり、沙恵子の唇からかすれた官能の声がもれた。乳房の頂上で、小さな乳頭がきゅっと引き締まる。舌を差しだし、突起をぺろりと舐めあげた。 「あっ。んっ」...
葉川慎司

祐司はフリルのついたベビードールの胸元を横にずらす。白い乳房の頂が姿を現し、淡いピンク色の乳輪が覗いた。

右手を持ちあげ、ベビードールを持ちあげる乳房に重ねる。沙恵子の胸のふくらみは、家政婦より二回りくらいは小振りな印象だが、やわらかさは遜色ない。 ちょうど祐司の手のひらにすっぽり収まる大きさ。少年はその感触を確かめるように、やんわり捏ねあげる...
空蝉

乳首の埋没する窪みにもたっぷりと垂らし込み、その上で浅く、甘噛みするように唇で乳輪を揉み立てる

(美幸さんの、おっぱい。エロい、喘ぎ声。くねくね悩ましげな、腰。乳輪の奥でコリコリの、陥没乳首。プルプルのおっぱい、もにゅもにゅのおっぱい) 揉むたびたわむ柔肉の心地も。触れるだけで弾み、その後で吸い付いてくる乳肌の感触も。吸い付けていた口...
庵乃音人

グニグニと乳肉を揉みながら、右の乳首を口に含んでちゅうちゅうと吸い、舌で弾いて舐め転がす

「あぁ、祈里先輩……!」感激した。今までこらえにこらえ、ずっと秘め続けた愛しい想いを、分校の便所での行為以上に熱烈にぶつけないことには収まりそうもない。 貴史は両手で乳房を鷲掴みにしてくびり出し、胸の谷間に顔を押しつけてスリスリと振った。右...
庵乃音人

夏海は姉の愛液と貴史の精液でぬめるペニスを握りしめ、しこしことしごく

「貴ちゃん。この娘、反省してるらしいの。お願い、今度は夏海に……ね?」 夏海に続き、反対側に寝そべった志摩子が汗まみれの女体を押しつけてきた。 夏海は姉の愛液と貴史の精液でぬめるペニスを握りしめ、しこしことしごく。 細い手首には、手枷のせい...
庵乃音人

プルンと艶めかしく揺れ、マスクメロンのような乳房が露出した

改めて問いつめたいことは依然としてあった。 だが突き上げる牡の欲望に頭も身体も痺れてしまい、ピチピチした女子高生の女体への淫らな欲求が疑問を後回しにさせてしまう。 貴史は美少女の口を貪り吸い、スク水の肩紐に指をかけた。強引に肩からすべらせ、...
葉川慎司

乳房を揉みあげる指先に、力が入ってしまう。指と指の間から、むにゅっと瑞穂の乳肉がはみだす。そのやわらかさに、溜息がもれた。

(当たり前だよな……) 調子に乗りすぎたと反省する。激しい羞恥を覚え、祐司は誤魔化すように、唇を強く乳首に押しつけ、力を入れてチュッチュッと吸いついた。 「あっ、んふっ」 頭に回った瑞穂の両手に力がこもる。 (触らせてくれないってことは、瑞...
葉川慎司

もっちりした乳肉の感触は、これまで触れたことのあるどんなものとも違っていた

「仕方ないですね。甘えん坊の祐司さん」 瑞穂は両手を伸ばし、祐司の頭を包みこむと、胸にそっとかき抱いてくれた。 「お乳はでませんよ。それでもよかったら、たくさん甘えてください」 我が子に接するように、瑞穂は祐司の唇に乳房を押しつけてきた。陶...
庵乃音人

こらえきれない劣情に憑かれた貴史は尻肉を左右に割り開いたまま、尻の谷間に顔を埋め、突き出した舌で肛肉を舐めた

「貴史さん……あはぁ……」 湯のなかに手が潜り、再び貴史の勃起を握った。白魚を思わせる細い指で逆手に持ち、しこしことリズミカルにしごきあげてくる。 「ううっ、志摩子さん、ぼ、僕……おかしくなりそう……」 しごかれるペニスから疼きが走る。貴史...
庵乃音人

人生初体験の生乳房は、とろけるように柔らかく、しかもずしりと重かった

「志摩子さん!」 湯船のなかで身体を反転させ、全裸の女体にむしゃぶりつく。貴史に掻き抱かれた志摩子は「あぁ……」と溜息を漏らし、背筋を仰け反らせた。 夢中になって唇を押しつける。志摩子はくぐもった呻きを返し、自らも貴史の口を求めた。ちゅぱ、...