遂にあからさまになった義理の息子の男性自身に、あまりの巨大さに息を呑む

すぐさまトランクスを捲りおろす加南子。
遂にあからさまになった義理の息子の男性自身に、あまりの巨大さに息を呑む。
一度は握っている陰茎だが、手のひらに残された記憶よりひとまわりもふたまわりも大きな肉竿だった。女を知らぬ童貞少年らしく包皮はいまだ半剥けで、亀頭の色もピンクだが、牝を屈服させるに充分な牡のシンボルに思えた。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。